とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産投資】火災保険に入らない選択はアリ?

こんばんは。ベカンです。

先日ノールックで

購入した3号アパート。

実は未だに火災保険未加入!

 

なぜ入らないかって?

特に理由はない。

ただ気が乗らんだけだ(オイw

今回は火災保険に進んで

入らない自分の気持ちを

分解して考察してみようと思う。

①お金が掛かる

だってさぁ~

火災保険入るとお金が掛かるジャン?

(👆当たり前ですw)

 

軽量鉄骨(耐火構造)だから、

多少は安いとはいえ、

築30年超のボロ物件。

しかもコスパの関係上、

10年一括前払いでしょ?

まだ試算してないが、

20~30万円くらいかな?

 

アパート現金決済したので、

手許資金もさびしい。

だから態度保留してる状態。

 

➁銀行から強要されない

現金決済は買付競争に置いては

ワイルドカードではあるが、

監視役である銀行が不在のため、

色々とテキトーになるのよ。

コレが現金決済の弱点。

 

【現金決済の弱点を書いた過去記事】

www.bekan13-investor.com

仮に融資を受けてたなら、

火災保険加入が条件である。

入らない選択肢がない。

 

➂火災保険を使ったことがない

コレが一番の理由かな?

ベカン家の賃貸物件は、

木造の築50年級な物件もあるが

一度も火災保険を使ったことがない。

 

 

超絶ボロ物件でも保険を

使う事態に陥らないのに

今回のアパートは軽量鉄骨。

かつ大手ハウスメーカー施工。

修繕も適切に行われている。

 

もちろん大災害に遭遇したら、

目も当てられないが、

遭遇する確率は少ない。

だから気乗りしないのだなぁ~

 

結局入るんだけどねw

とはいえ・・・。

1300万円のボロ物件でも、

私の資産規模的には、

一撃喰らえば退場レベル!

 

ワンショット500万円級の

修繕資金が出ていくだろうなぁ~

確率は限りなく低いのだが、

投資家たるもの安全策を

取るのが一番である。

 

スタートアップの拡張期に、

手持資金は少ないのに、

物件は増えて来るので、

特に危険な状態である。

 

結論としては火災保険に入るよ。

(👆この記事何だったんだ!?w)

 

でも自分の行動原理を

客観的に分解してみるのは、

今後の投資活動にプラスに

働くと思うので続けていこう。

 

ブログ記事に起こしたり、

人に話してたりする中で、

頭の中で整理されていく。

最終的に正しい判断ができる。

 

読者の諸君も自分の選択に

自信が持てない時には、

紙に書く、話すことを

オススメするぞ!

ではでは('ω')ノ