とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【住宅ローン】団信のため健康でいよう!

こんばんは!ベカンです!

私は地銀で住宅ローン担当。

夢のマイホームのお手伝いを

日々行っている。

 

近年の住宅ローンは

過去に類を見ない低金利。

かつ審査もガバガバ。

 

普通のサラリーマンならば、

借入は容易なはずだが、

この頃「とある要因」で、

借入できない人達がいる。

そう!

団体信用生命保険だ!

※以下「団信」

団信の種類は?

団信は大きく分けて3つ。

・通常(一般)団信

・疾病特約付団信

・緩和型団信

 

通常団信は死亡・高度障害で

ローン残高がゼロとなる保険。

民間銀行では加入が大原則。

 

疾病特約付団信は上記に加え、

ガン・脳卒中・心筋梗塞などの

特定の病気・ケガに掛かると、

ローン残高ゼロに。もしくは、

毎月返済の補填してくれる。

通常団信に金利上乗せ。

 

緩和型団信とは健康状態悪く、

通常団信にも加入できない人向け。

加入要件が緩和されており、

若干だが入りやすくなっている。

こちらも通常団信に金利上乗せ

 

緩和型にも入れない人達

私の対応した顧客で

審査が甘い緩和型団信でも

加入できなかった人達はいる。

・ガン、白血病(上皮性内ガンはOK)

・脳梗塞(軽度なら通るかも?)

・精神疾患(嘘含む)

 

ガン・脳梗塞は程度によりけり。

上皮内癌や軽めの脳梗塞なら

緩和型団信に通った人もいる。

 

そして問題は精神疾患系。

その原因の大半が、

会社勤め・家庭内ストレス。

心が病む前に対応策が

あったかもしれないだけに、

悔やまれる。

 

私の親友は鬱病で、

去年自殺してしまった。

多分家庭問題が原因。

何故そうなる前に

気付いてやれなかったか?

団信加入以前の問題だ。

www.bekan13-investor.com

 

また「嘘の精神病」でも、

医師に正式に診断されれば、

団信加入が困難である。 

 

過去に会社が嫌で

鬱病のフリをして

休職した顧客がいたが、

告知したら通らなかった。

当の本人はピンピンしてるが。

これも勿体ない。

 

疾病特約付NGの不健康者

通常団信はギリギリ入れるが、

疾病特約付には加入不可な人達。

・高血圧

・高血糖

・脂質異常、高コレステロール

・肝臓数値(γGTP等)

 

これらは生活習慣病の前兆。

普段の暴飲暴食、睡眠不足等の

不摂生が祟り数値が悪化する。

生活を正さないといづれは、

重い病気を患うことになる。

 

自制次第で改善可能なのだ。

こんな事で希望の団信に、

加入できない何て勿体ない!

質素な食生活・適度な運動、

十分な睡眠を心掛けよう!

それしか言えんなw

 

団信非付保は危険!

もし団信に加入できずとも、

フラット35で非付保で、

住宅ローン組むことが可能。

 

また一部の民間金融機関でも、

属性・保全面が良好であれば、

応じるケースも多々あり。

 

しかし住宅ローンで

団信非付保は如何なものか?

残された妻子はどうやって

返済していくのだろうか?

 

アパートローンとは違い、

自宅はお金を稼いでくれない。

ただのキャッシュアウトマシーン。

 

ローン残高相応の死亡保険に

加入していればマシだが、

保険金は基本的に子供が

独り立ちするまでの養育資金。

完済資金ではないのだ。

 

健康残高を積もう!

日本に置ける住宅ローンは、

低金利に加え、超長期間の借入、

また各種税制優遇・補助金等、

至れり尽くせりの状態だ。

この機会に借りない手はない!

 

投資的側面から見ても優秀。

ヤドカリ戦法が良い例。

収益物件でも団信加入で、

遺族の借金負担を帳消しできる。

注意点は団信加入したからって

死亡保険解約するのは危険なこと。

理由は過去記事に譲ろう。

 

【団信・死亡保険の違い】

www.bekan13-investor.com

 

私のオススメ図書

「DIE WITH ZERO」でも

印象的な一文がある。

「ヘルス無くしてウェルス意味なし」

自分の健康維持は、

心持ちで何とでもなる。

自宅用でも投資用でも

超有効な団信に加入するべく、

健康には気を遣ってくれな。

ではでは('ω')ノ