とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【住宅ローン】個人事業主・法人役員の審査方法は?

こんばんは!ベカンです!

昨日に続いて住宅ローンネタ。

個人事業主・法人役員、

所謂、経営者の方々は、

一般の住宅ローン審査と

異なるので注意事項を少々。

f:id:bekan13:20201113211923j:plain

経営者のローン審査は特殊

@やまもん氏

出ました!太陽光投資家の雄!

レジェンドやまもん氏。

彼は典型的な経営者だ。

 

彼がローンを借りるにあたり、

一般人向けローン審査でなく、

事業融資(法人部門)の

部署が担当したらしい。

 

それもその筈!

銀行の一般ローン審査は、

すべてサラリーマン向け。

ある程度パッケージ商品にして、

機械的に審査を行い

効率化を図っているのだ。

経営者はその自動判定が

使えず止む無く個別対応なのだ。

 

一般サラリーマンの審査は?

事前審査の段階では、

その人の個人属性を

専用機械に入力してくと、

審査基準に乗っ取り、

融資可否を自動判定する。

ホントこれだけ。

(※人力のこともある)

 

こんな簡単な審査で、

何千万円も低金利で

銀行がローンを貸すのか?

 

 

サラリーマンは基本終身雇用。

毎月給料貰え比較的安定。

勤務先で年収も読みやすい。

 

また住宅ローンは意外にも

延滞率が非常に少ない。

※コロナで急激に増えてるが、

平時は2~3%くらいか?

日本人は牙城を守ること、

借りた金は返す意識が強い。

しかも住宅担保・団信で、

債権保全も図れている。

 

だから一定の審査基準を設け

自動判定する比較的簡易な

仕組みで審査を行っている訳だ。

 

経営者は審査困難!

だが経営者ローン審査は

一筋縄ではいかない。

 

サラリーマンの様に、

安定的な収入が約束されない。

月によってはゼロ、

もしくはマイナスもある!

また業種によっても

色々と特色がある。

 

住宅ローンの審査でなく、

ある意味、事業性融資と

同じ視点で審査が必要。

ローン畑に長くいる銀行員って

法人決算書読めない人多いのよ。

特に女の子なんかがさぁ~

 

銀行によって違うだろうが、

事業融資先はローンセンター等の

専担でなく融資してる支店担当

取扱うケースもあるだろう。

 

多分やまもん氏はこのパターン。

なお保証会社扱いでなく、

保証人扱(プロパー)ならば、

確実に支店側が審査担当する。

勿論、通常ローンより厳格に

審査されるので困難を極める。

 

経営者向けローンの審査基準は?

これも銀行によりけり。

でも大体は憶測できる。

・安定して黒字決算か?

・債務超過でないか?

・流動資産は多いか?

・業種に問題ないか?

 

住宅ローンなんで

ある程度機械的に

判断したいのが本音。

ならば上記項目に基準を

設けて判定するのが吉!

 

・安定して黒字決算か?

⇒銀行審査は直近3期で

審査するのが基本。

ならば3期連続黒字が好ましい。

 

・債務超過でないか?

⇒基本中の基本!

最低でも役員借入控除後に

債務超過にならんこと。

 

・流動資産は多いか?

⇒現金化できる資産多ければ、

資金繰りショート懸念が薄れる。

代表世帯蓄財を入れてもよい。

 

・業種に問題ないか?

水商売はまずダメだろう。

またインフルエンサー家業も

銀行には嫌われる。

イケ〇ヤ氏は住宅ローンは

借りれないと言ってた。

マルチ・ネットワークも同様。

売上イチかゼロかの建設業や

歩合多めの保険外交員もキツイ。

 

まあ他にも沢山項目はあるが、

キリが無いのでこのへんで。

基本、零細中小企業の経営者は、

相当な確率でローン借りれない。

やまもん氏レベルまで行かないと。

※勝手な憶測では

年商5億はあると思ってる。

ではでは('ω')ノ