とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産投資】人の話を鵜呑みにしない!信念を持って行動!

こんばんは!ベカンです!

今日は久々にフィットネス!

2時間のウォーキングがてら、

図面舞踏会の皆さんの

STAND FMを全部消化!

 

そこで@五人前さん

直近LIVE回で心に刺さった

ものを紹介させて頂く。

stand.fm

核心に触れない発信者達

名立たる不動産投資の

諸先輩方たちは色々な

媒体で情報発信している。 

 

勿論ちゃんと理解できれば、

とても有用性高い情報だが、

「片手落ち」の内容が多く、

額面通り受け取っては危険と

警笛を鳴らしている。

極東船長の例

「自由に使える金が月100万円を超えると幸福度は上がらない」

この話を素人が聞くと、

「不動産CF100あればいいんだ!」

と勘違いするという。

 

「自由なお金」とは?

経費・返済元金を控除後の

純粋なCFであることは当然。

そこから毎月の生活費や、

突発・大型修繕分の積立等も

引いた後の100万円のことだ。

しかも各人の諸事情によっては、

他にも控除項目があるかもだ。

 

コレを達成するには、

CF100万円では全然足りない!

LIVE中コメントで400~500万円と

話が出た。私も体感的に

その金額くらい必要と思う。

 

CF100万円セミリタイア無理説。

過去にも五人前氏の

ラジオで話が出たので

まとめた記事があった。

こちらも参考にしてくれ。

www.bekan13-investor.com

 

加藤ひろゆき先生の例

先生の口癖「ぶったるんだ生活」

先生のVoicyを拝聴してるが、

あたかも普段は仕事もせず

のんびり生活してる風に聞こえる。

 

リスナー達はそれを聞き

「不動産投資は不労所得!」

と過度な幻想を抱いてしまう。

 

私も会って話したことないから

実際の加藤先生は知らんのだが、

五人前氏が言うには、

「瞬発力と行動力が半端ない」

「物件情報あれば即内覧に行く」

と働き者であると評価。

 

確かに私も疑問に思ってた。

自己管理物件も多いだろうが、

保有物件数から察するに、

月数回は何かしらの問題生じ

判断・対応を迫られるだろう。

先生持前の判断力・行動力が

あってこその投資方法である。

決して不労所得ではない。

 

「勤め人やりながら貸家2~3棟あれば十分」

との発言も過去にあった様だ。

専業大家は決して楽でない。

だから安定収入ある勤め人を

完全否定しないのだろう。

 

真に受けてはイケない!

上記の先輩大家2人は、

ラジオでの話だけ聞くと

普通の悠々自適なオジサン。

「不動産投資は簡単だ」と

錯覚してしまうが幻想である。

 

上記の通り、常日頃から

判断・対応を求められる。

彼らは場数をこなしてるから、

いとも簡単に解決できるが、

素人には至難の業だろう。

 

またこのレベルの人達は、

家賃収入が億単位だろうし

CFも1000万円とかザラ。

財務基盤も堅朗である。

その目線で話してるので、

同一視してはイケないのだ。

 

自分の信念を持って行動!

また五人前氏は、

他者が勧める内容でも、

自分の信念に反したものは

毅然と反対意見をぶつける。 

清々しい日本男児である。

きょうへい氏の例

「役員報酬少なくして社会保険料最小にする」

不動産管理法人から

役員報酬5~6万貰っておけば、

個人所得が多くても社保最小。

更に妻も第三者被保険者に

収まる程度にしとけばウハウハ!

 

対して五人前氏のご意見は、

「これでは日本がダメになる」

マイクロ法人の一人社長で、

タックスプランニング完璧なら

確かにキャッシュ面では有利だが、

経済合理性だけを判断基準に

してしまう人生はツマラナイ。

 

ビジネスは可能性が広がる!

セミリタイアできる人間は

優秀な人が多いのだから、

自らが先導者となり、

気の合う仲間と一旗揚げ

ガンガン稼いで納税して欲しい。

 

・・・絶句。

なんて素晴らしい考え!

日本人全員が同じ理念の元

行動したら良い国になるのになぁ~

 

でも私もきょうへい氏側の人間ス。 

今年から父役員報酬5万円まで

落として同じことしました。

それは音楽性の違いということでw

www.bekan13-investor.com

沖縄シーサー氏の例

「(勤め人で)頑張って生きなくていい」

このシーサー夫婦の回を

聞いてないので分からんが、

「会社は自分のことを使い捨てる」

「仕事もほどほどにして自分を優先」

「自分の身は自分で守ろう」

的な内容と憶測する。

 

対して五人前氏の意見。

「やりがいを持ち全力で仕事できないならば、同僚に迷惑掛かるから辞めるべき」

現在は人件費削減のため、

どこの企業も少数精鋭。

そこで一人怠けると同僚に

多大な迷惑を掛ける。

生半可な気持ちならば、

辞職して違う道を探すべき。

 

五人前氏は在職中は、

職場変革を目標に精力的に

仕事に取り組んでたという。

※体調不良で途中リタイア

 

その後、自分の事業を立ち上げ、

やりがいを持って仕事をされてる。

仕事が自分の利益に直結するので、

いくら過酷でも心は晴れ晴れ。

仕事とプライベート境なく全力投球。

熱血漢であるのだなぁ~

 

私もどちらかというと

シーサー氏と同様な考え。

自分犠牲にしてまで、

頑張って働きたくない。

自分一人が居なくなっても

会社は問題なく回る思ってる。

 

仲間たちとのディベート重要

以前から思ってはいたが、

五人前氏は1本筋が通った

情熱がある人物なのだろう。

 

精神的支柱、中森サトル氏が

某党員に熱い思いを伝えた様に、

五人前氏も党員と真剣に

向き合ってるのだなぁ〜と痛感。

手痛いことを言われると凹むが、

逃げないで議論を深めて欲しい。

 

不動産投資家はそれぞれ

考え方が違うし正解はない。

時には意見をぶつけ合い

考えを修正していくのも

情報発信の醍醐味であると

つくづく思った。

 

現在コロナで行動制限されるが、

自分が興味を持った人物とは、

積極的に会いにいくことも重要。

実際、ラジオ・ブログでは

話せない内容もあるだろうし。

 

私は大日本図面舞踏会の

幽霊部員だが集会あれば

積極的に参加していきたい。

ではでは('ω')ノ

 

PS

私は身バレ防止のため、

顔出し・声出しをせず

情報発信してきたが、

危うく五人前氏のラジオで

ゲスト招待されて、

声デビュー果たすところだったw

 

どちらにせよLIVE視聴中は、

車運転中だったので

応答できなかったが、

ゲスト出演できずに

スマン毛ボーボーですw

 

この頃、勿体ぶり過ぎでないか?

と自問自答を繰り返している。

ボチボチ声デビュー果たしていくか?

悩ましい今日この頃。