とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産・太陽光】融資が受けたきゃ転職するな!

どうも!ベカンです。

セミリタイア目指す

サラリーマン兼業投資家は

基本、自分の勤務先が嫌い。

 

だからこそ脱出する

インセンティブが働き、

不動産・太陽光・金融商品で

経済的自由を獲得目指す。

 

そして会社が嫌いだからこそ

心に響くのが「転職」だ!

でもこれは悪魔の誘惑!

簡単に転職するなよ?

その理由を説明していく。

f:id:bekan13:20210108203742j:plain

転職は融資に不利!

法人にしろ個人にしろ

不動産・太陽光ローンの

申込時はプロフィールを

金融機関に提出するだろ?

その際、直近転職あったり

転職多数だとマイナス。

 

既に不動産・太陽光で

良い実績があるなら別だが、

そんな人は少ないだろう。

基本的に個人の給与所得が

融資審査上のカギになる。

 

そこで転職多いとどうだ?

年収が当てにならんだろ?

現在年収500万円でも、

来年は300万円かもしれない。

プー太郎の可能性だってある。

 

住宅ローンはもっと露骨だぞ?

銀行は転職歴・勤続年数を

評価基準の重要項目にしてる。

転職多いとスコア低下して

まともな融資条件で借入できない。

 

また新天地に慣れるまで、

本業に掛かりっ切りになる。

投資に充てる時間が少なくなる。

融資を受けたきゃ転職はするな。

 

転職マーケットの餌食

にも関わらずだ。

果敢に転職を勧める

発信者・情報サイトが多い。

 

それは何故か?

転職を誘引すると

その人が儲かるからだ!

 

転職サイト等が人材紹介に

成功すれば、その企業から

紹介料をたんまり貰える。

 

詳しくは知らんが、

人材の年収程度の

フィーが転がり込む。

レベルが高い人材ほど、

その手数料は高くなる。

 

転職市場は超高収益体質!

サイト誘引アフィも高い。

真にあなたのことを思い

転職を促している訳でない。

単純に利益目当てである。

マーケットの養分に

なってはならんぞ!

 

転職した方が良い場合も・・・

とはいえ・・・。

全て転職がマイナスとは限らん。

 

超絶ブラック企業で、

心身の危険にある環境から

脱出するための転職。

 

ヘッドハンティング

キャリアアップ等の

前向きな転職。

 

前者は融資の加点にならん。

しかし審査よりまずは、

自分の身の安全確保が重要。

 

後者は転職後の年収増加が

見込めるケース多いので、

それが示せればプラスに。

転職直後ならば雇用条件提出。

もしくは1~2年待ってから。

 

融資が全てでないが・・・

不動産・太陽光において

投資ローンは非常に重要!

まともな物件・案件ある前提だが、

レバレッジで規模拡大が容易。

リスクも大きくなるが、

スタートアップ時には有難い。

 

私だって平均年収程度の

サラリーマンだが、

個人で5000万円ほど

融資を引いている。

 

これを蓄財だけで

チンタラやっていたら、

時間が掛かってしかたない。

 

ボロ戸建て、訳あり物件など

リスク取って超高収益な

物件に手を出すか?

技術高め全部DIYするか?

不動産屋を掛けずり回り

お宝物件を手に入れるか?

 

方法は様々だが実現性が低い。

正にクレイジーマインドの

保持者でないと無理。

 

普通の物件を、

好条件の融資で、

普通の値段で買い、

普通に運営していく。

私はこの路線だ。

 

銀行員ゆえに

人並外れた好条件で

融資を受ける術を

知っているのが強み。

 

仮に「普通の融資」でも

レバレッジ掛けた方が、

投資速度が相当上がる。

 

よっぽどの事がない限り

転職せず融資有利でいこう。

ではでは('ω')ノ