とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産投資】団信加入しても生命保険解約は愚策!

どうも!ベカンです!

今朝がたツイートした内容が

思いの外、反響があったので

ここでご紹介しよう。

不動産投資家あるある。

「団信加入したから死亡保険を

解約してもいいよね?」

 

団信=死亡保険と思ってる

そこの投資家のキミ! 

ちょっと待てぃ!

早まるでないぞ!

 

私は過去から何度も

注意喚起してるが、

未だに死亡保険解約する

投資家が後を絶たない。

 

Twitterフォロワーも

当ブログ読者数も

倍以上になったので、

また改めてお伝えしよう。

 

※昔からの読者にはすまぬ。

 耳にタコだろうが我慢してくれw

団信加入で生命保険解約は危険!

 

確かに団信加入で、

投資借入がチャラになるが、

遺族に現金は一切残らない。

残るのは不動産のみ。

 

そして相続そた不動産には、

相続税が思いっきり課税!

遺族は大変な目に合うだろう。

・現金なし!

・相続税払えん!

・任意売却!

・無理な指値を飲む!

 

 生命保険を継続してれば、

当面の生活費や納税資金に

充当できたかもしれんのに。

 

2019.5.18過去記事で

詳細を語っているので

参考にされたし・・・。

 

 【過去記事】

www.bekan13-investor.com

遺族が欲しいのは「現金」!

団信・生命保険の話は、

これだけでは終わらない!

読者の諸君に質問!

 

自分の行う全投資の

管理運営・方針決定等を

嫁・子供に任せられるか?

答えは「ノー」が多い。

 

嫁・親族ブロックを外し

自分一人で投資してる人が

圧倒的に多いと思う。

内緒で投資してる場合は

もう論外であろうw

 

「家族のために家賃収入を

残してあげたい」などと

寝言を言ってる場合でない!

 

団信も生命保険も、

遺族のために加入するもの。

ではその遺族が真に

欲するものは何か?

それは現金だ!

 

「不動産?太陽光?

何それ美味しいの?」

ってのが妻子の考え。

知らない人間にとっては

残されても苦痛でしかない。

 

妻子が運営しても、

業者にいいようにされるの

目に見えてないか?

 

死亡保険ならば、

現金が入り当面は

何とかなるだろう。

所有不動産を手放す

可能性も低くなる。

 

また法定相続人には、

投資全般について

知っておいてもらわんと。

共同経営できれば尚良い。

自分が居なくても回る様に

しておかなければならない。

 

気になるリツイートに回答!

私のツイートに

リプくれた方の中で、

少し気になる内容に

この場を借りてコメント!

➀法人名義で相続税回避?

法人名義で投資を行い、

自分が亡くなっても、

奧さんを代表にすげ替え、

相続税回避できないか?

 

はい!それはムリですw

法人株式を妻が引継げば

その株式に相続税課税される!

法人でも相続税回避はムリ!

 

まあ法人株価を抑える方法で

相続税軽減は可能であるが。

また個人だって同じく、

対策は色々とある訳だし。

 

事業承継・相続に詳しい

コンサル型税理士に

相続税試算・対策を

相談してみよう!

➁小規模なら関係ないのでは?

私の過去記事での例が

不動産10億だったので、

1億程度の投資家には、

心配無用なことではないか?

 

いやいや!

そんなことはない!

数千万円の規模でも

相続税が払えない事態に

陥ることは有り得る話!

 

【相続税の基礎控除】

3000万円+(600万円×法定相続人)

 

税制改定で基礎控除が

相当低くなってしまった!

小規模な投資不動産

2,000~3,000万円なら

確かに問題ないだろう。

 

しかしこれに

自宅が加わったら?

更に税制改悪したら?

二次相続ならどうか?

決して安泰ではない。

 

またこのブログ読者は

ドンドン買い進めていく

勢いのある人ばかり!

 

投資と節約で種銭作り、

ローンを併用しながら、

次の物件、次の案件。

現金寝かしておくことを

嫌う人が多いと思うぞ!

 

そしてアッと言う間に

現金なし、物件大盛の

大家が出来上がるのだw

 

 

団信で借金ゼロ!

相続税モリモリ!よりは

生命保険の方が遺族にとって

嬉しいと思うぞ。

 

結局はケースバイケース!

今回の様な金融商品・税金の

話は人によって対策が異なる。

 

・現預金が潤沢な方なら?

・超換金性が高い不動産や

 金融商品が相続資産なら?

 

結局はケースバイケースだ。

(↑ 逃げ文句w)

ただ団信=生命保険ではない!

これは事実である!

 

CFが十分出ている物件なら

借金があった方が、

相続税が少なくなり

遺族が幸せかもしれない。

 

団信も生命保険も遺族の

ために加入するもの。

その筈なのに逆に遺族を

苦しめる選択をしてないか?

 

まずは現状把握だ!

自分が今死んだら、

相続税がいくら掛かるか?

相続税は現預金で十分

納税できる金額なのか?

足りなければ生命保険で

補填できるようにしておく。

 

てっとり早くできることは

こんなところか?

読者の諸君も

気を付けるのじゃぞ!

ではでは('ω')ノ