とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【銀行】顧客作成資料はほとんど見ない

こんばんは!ベカンです。

昨日、私のツイートが

意外に反響を呼んだ。

顧客作成資料は見ない 

稀に不動産・太陽光投資家で

自作アピール資料を

持ち込まれる方がいる。

 

凄いと何十ページに渡り、

自社紹介・展望・熱意などを

書き記し持参する。

 

しかし!

皆さん驚きかもしれんが、

銀行担当者はその資料を

ほとんど見ていない!

@ポップさん

彼も銀行員なのだが、

私に共感されていた。

 

銀行員は時間がない。

ガチガチのコンプラや

ノルマに追われ非常に多忙。

ロット億単位なら別だが、

案件1つに割ける時間が

決まっているのだ。

だから顧客自作資料は

あまり見ない(見れない)

 

@たわ犬さん

いつもリプくれる

海外株式・不動産投資家。

多分年上。たわさんも

薄々気付いていたらしい。

 

自作資料を読んでる前提で

銀行担当と会話していて、

話が噛み合わないことが

あったのだろう。

f:id:bekan13:20201117224026p:plain

欲しいのはエビデンスだけ

銀行員が一番欲しいのは、

こちらが求めたエビデンス!

邦銀審査は基本的に

過去実績しか見ない。

・過去3期分程度の源泉、決算

・現在の世帯総資産がわかる資料

 

ようは収入と資産だ!

この2つが安定かつ多ければ

融資が借りやすくなる訳だ。

身も蓋もない話だが、

これぞ資本主義の世界w

 

だから顧客の楽観的な見通しや

今後の展望、いま注力してること

仕事に対しての思い、こだわり等、

つらつら書いた補足資料は不要。

※求められれば別だが

 

だから過去実績がない

新規事業は資金調達が大変だ!

民間は相手にしてくれない。

煙たがられるまである。

まずは保証協会の開業資金、

公庫等の政府系金融を頼ろう。

 

出して効果的な自作資料は?

上記通り銀行員は時間がない!

ならば担当者の時短となる様な

資料を提出すれば良いのだ!

 

不動産・太陽光融資審査で

作成する稟議資料は?

◎稟議頭(案件概要)

◎補足説明(稟議で収まらない内容)

◎担保状況表

◎金融資産一覧

◎単体シミュレーション

◎合算シミュレーション

〇信用調(プロフィール)

これらを自分自身が

まとめるとしたら?

想像してみよう!

 

個人的に有難いのは

担保状況表・金融資産一覧を

エビデンス付きで綺麗に

まとめてくれると助かる。

銀行独自の書式に写しやすい。

1ヵ月以内の謄本が付いてたら

天にも昇る気分であるw

※謄本閲覧は時間が掛かる

 

シミュ作成時には、

余分な資料はいらんかな。

レントロール、売電シミュ、

本人年収、会社決算など

しっかり資料を揃えて欲しい。

銀行独自の審査方法があるので

下手に償還力とか計算されても

参考にならんからな。

 

またプロフィールカードは

持参することをオススメする。

銀行は「信用調」という

顧客管理資料がある。

これ1枚でその顧客の

収入・資産・経歴、

業態、家族構成など

一目で分かる資料だ。

信用調作成時にプロフは

非常に助かるのよ。

銀行開拓の際は必需品。

 

あと余分な連絡しないこと! 

その時間に資料まとめたい!

銀行からの質問・依頼は即対応!

期間空くと担当者が

別の案件に取り掛かってしまう。

また内容を忘れ効率悪し。 

 

上級者向け(過去記事参照)

・担保状況表

・金融資産一覧

・プロフィールカード

これらは誰が作っても

事実が変わらないもの。

提出すれば担当者の

『単純作業』が効率化される。

 

だが私は銀行員ゆえ担当者に、

もう一段階上の武器を与える!

それは補足説明だ!

 

これは難易度高い融資案件の場合、

担当者・支店が取上可とした

融資判断内容をまとめる書類。

ざっくりとした書式しかなく

基本的に「フリー記入欄」。

 

だから私が普段銀行で書く

補足説明そっくりな資料を作り、

担当者の文章作成時間を

短縮してあげようという試み!

 

私が実際に公庫に提出した

例文を過去記事にまとめてるので

参考にされたし!

 

【補足資料の過去記事】 

www.bekan13-investor.com

 

また上記の記事に対して、

元公庫職員のみつきさんが

YouTubeで「無いよりマシ」

とのお墨付き?を頂いたwww

結局どんな資料を提出しても

『否認』のものを『承認』に

覆すことはないとのこと。残念!

 

【元公庫職員みつき氏の評論】
www.bekan13-investor.com

 

また担当者だって

融資実績を上げたいもの。

正攻法では取上困難でも、

「言い訳」(屁理屈とも言うw)

を与えれば上を説得しやすい。

アパートローン目線で書いた

『言い訳』集の過去記事を

貼っておくので参考にしてくれ。

ではでは('ω')ノ

 

【言い訳集の過去記事】

www.bekan13-investor.com