とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【住宅ローン】変動0.25%???上場企業勤務も悪くない。

こんばんは!ベカンです。

私は銀行で住宅ローン担当。

よく競合する他行商品は

内容を覚えているが、

昨日ぶっ飛んだ金利を見た!

変動0.25%!?脅威の低レート!

いつも通り住宅ローンの

相談を受け付けしていた。

お客さんは上場企業勤務。

 

社内で斡旋されている

住宅ローンより条件良ければ、

ウチで借りると言うので

聞いてみて驚いた!

なんと変動0.25%!?

しかも保証料込みと記載あり!

 

情報はコレだけだが十分!

国内どこを探しても、

この条件に敵わないだろw

 

こんな低い金利で、

団信コストとか賄えるのか?

もはやマイナスでないかと

心配になってしまうw

 

顧客が言っていることで、

エビデンスも信憑性に欠けるが、

三〇住〇信〇銀行らしい。

f:id:bekan13:20201113211923j:plain

もはや資産運用!

年末ローン残高1%分の

所得税・住民税が

還付されるローン控除。

 

変動金利が1%切る時代になり、

ローンを借りれば利息以上に

儲かってしまうイカれた制度だ。

 

更にコロナ特例措置で、

控除期間10年⇒13年と

普段より長く恩恵を受けれる。

 

今回の変動0.25%を知るまでは

一番安いと思っていたSBIネット銀行。

提携ローンで変動0.395%!

この金利で13年間控除受けると、

凄まじいことが起きる!

13年ローン控除>35年総支払金利

 

なんと!35年の累計支払利息を

ローン控除での還付が上回る!

しかも13年で早期回収!

もう何でもアリだなwww

 

これが変動0.25%になれば

更に儲かってしまう訳だ!

勿論、借入期間中に

金利上昇なく全額還付受けれる

所得税・住民税を納めてる

前提の話ではあるがね。

 

【ローン控除で儲かる計算をした記事】

www.bekan13-investor.com

 

変動0.2%以下は注意!

まあ心配はいらないだろうが、

変動0.20%以下はローン控除が

受けれない可能性があるから

一応用心しておこう。

 

【国税庁HP抜粋】

www.nta.go.jp

5 特別控除の対象とならない借入金等
次の借入金等は、この特別控除の対象となりません。

  1. (1) 使用者又は事業主団体から使用人としての地位に基づく無利子又は0.2%(平成28年12月31日以前に居住の用に供する場合は1%)未満の利率による借入金等
  2. (2) 使用者又は事業主団体から使用人としての地位に基づき利子の援助を受けたため、給与所得者が実際に負担する金利が0.2%(平成28年12月31日以前に居住の用に供する場合は1%)未満の利率となる借入金等

 

今回のケースでは

「とある」上場企業勤務の

使用人(サラリーマン)の立場で

借りれるローンだから該当するか?

 

そうであるなら今回の変動0.25%は

ローン控除を受けれる水準を

意識した商品設計かも知れない。

 

勤め人も捨てたもんじゃ無い!

FIRE、セミリタイアが注目される中、

久々にサラリーマンであることの

利点を感じ取っている。

特にホワイトな上場企業なら

文句もないだろう!

 

コロナの影響も受けず

給料・賞与は安定的に入り

複利厚生も充実している。

毎日定時帰り、有休フル消化。

そして今回の様な超お得な

住宅ローンを組めるかも知れない!

 

FIREやセミリタ目指す人達は、

勤務先に恵まれてないだけかも。

超ホワイトなら居心地良くて

そんな動機も生まれないから。

 

私の職場環境なんて

他者から比べれば

相当良い方じゃなイカ?

 

責任は重いが慣れれば

大した仕事ではない。

給料はソコソコ良い。

 

勿論ローンも借り放題!

現在個人では5,000万円近く

借りる予定である。

 

この恵まれた環境を

活かして経済的自由を

勝ち取っていきたいと思う。

ではでは('ω')ノ