とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光投資】➀やった瞬間に信用棄損!ホントかな?

こんばんは!ベカンです。

今日も今日とてブログ更新!

さてさて今日のお題は・・・。

太陽光発電所の購入は

信用棄損が凄まじい!

 

ツイート主様は、

「やまもん」さん。

いつもTwitterでアドバイスを

いただき学びを得ている。

 

論調が少し過激なのだが、

「言い切れる」だけの

経験・知識がある証拠。

太陽光投資は信用棄損が激しい?

詳細は彼のnoteで学んで欲しいが、

太陽光は信用棄損するという内容。

内容を要約すると・・・。

 

・1~2基目以降の融資が出ない!何故か? 

・太陽光設備は銀行評価ゼロ

・投資した瞬間に債務超過扱い!

・節税している場合ではない!

・ガンガン利益上げ債務超過解消していこう!

こんな感じか?

 

そりゃそうだ!

1000~2000万円借金して

投資した太陽光設備が、

銀行評価ゼロなんて!

 

分厚い自己資本がなければ

即座に債務超過のヤバイ奴!w

太陽光投資は信用棄損が

甚だしいのも合点がいく。

f:id:bekan13:20201013204421p:plain

不動産投資が先!

バランスシート的に考えれば、

不動産の方が優れた投資だ。

 

全体的に価格変動が緩やか。

建物価値は逓減していくが、

土地値はあまり変わらない。

よっぽど酷くなければ

ゼロ評価はされないだろう。

 

加えて不動産は

担保として役立つ。

事業拡大フェーズでは、

太陽光より不動産の方が

優先順位が高い気がする。

 

私は運が良かった?

そこまで熟考してなかったが、

たまたま私は不動産投資から

スタートしたのだ!

 

自分が能動的に動き

購入したアパート2棟。

太陽光の共同担保として

有効活用している。

 

担保価値以外にも、

毎期300万円の当期利益と、

CF100万円を与えてくれる。

 

今年で屋根上1基、野立4基。

合計4980万円借入を起こした。

最初から私の属性だけで、

融資を引っ張ったなら、

1~2基止まりだったろう。

 

不動産の利益・CFが

あってこその太陽光だった。

 

ホントに銀行評価はゼロ?

「太陽光投資は信用棄損する」

確かにコレは真実。

 

でも銀行員として少し思う。

流石に評価ゼロはないだろうとw

 

私はFIT40円台の時に、

銀行で太陽光融資を

バシバシ売った経験がある。

 

しかし太陽光設備を格付で

評価ゼロとしたことはない。

※設置場所があまりに酷いと、

土地評価ゼロにしたことはある。

 

今は住宅・アパートローン担当で

太陽光融資とご縁がないのだが

大きな評価基準変更は聞いてない。

多分、決算書上通りの価値で、

格付を行っている筈である。

 

1,000万円の太陽光設備なら

1,000万円の価値が付く。

減価償却分は毎年価値が減るが、

即座に債務超過に陥り

信用棄損する訳ではない。

 

償却期間17年、年間償却59万円程。

しかし低圧過積載はFIT14~18円でも

年間150~200万円は発電するだろ?

償却・経費控除後も50~100万円。

太陽光は基本担保が増えないので

保全面はマイナスだが、

償還力で多少カバーできる。

 

そこまで深刻な内容だろうか?

成功するか不明な事業へ融資するよか

銀行としてはよっぽど手堅い。

 

答え合わせは後日公開?

太陽光設備はどうして

銀行評価ゼロなのか?

 

スミマセン。

銀行員10年以上やってますが

わかりませんwwwww

ヒデブーwwwww

 

確かに担保としては

無価値ではあるが、

実務上ただちに格付で

評価ゼロ修正をしない。

債務超過にはならない。

 

憶測であるが、

「銀行評価ゼロ」とは

バランスシートや

格付上の話でない。

融資審査をする上での

銀行保全の話だろう。

 

やまもん氏の解説図が、

債務超過の図式のため、

勘違いしやすい。

そこは彼の間違っている点。

 

ただもしかしたら、

私の知識が古いのかも?

他行は評価ゼロとか?

色々と考えが巡る。

 

どちらにしても、

後日やまもん氏が、

迷える銀行員に

教えてくれる様なので、

note更新を首を長くして

待っております。

ではでは('ω')ノ