とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光発電】農転申請の融資証明を公庫借用証書で代用!

こんばんは!ベカンです。

現在、太陽光発電所3件の

公庫融資にて借入予定。

 

農地転用手続きで、

融資証明が必要になったが、

何と!公庫は融資証明を

発行しないとキタ!

 

【関連過去記事】

www.bekan13-investor.com

借用証書=融資証明

公庫側としては、

借用証書が融資証明の

代わりだと言うのだ。

 

銀行でいうところの

金証契約である借用証書は

確かに融資応諾なければ

発行されない書類である。

ほぼ融資が確定したようなもの。

公庫の言い分も納得。

 

f:id:bekan13:20200911201224p:plain

土地家屋調査士に相談

太陽光業者側の指定である

土地家屋調査士の先生が

普段仕事で付き合いある人。

狭い世の中だな~

ざっくばらんに相談してみた。

 

私「公庫は融資証明が発行されないんですよ」

「借用証書ではダメですかね~」

 

先生「う~ん。農業委員会は頭が固いですからね~」

「いつも融資証明の原本を求めてきます」

「借用証書だと原本出せませんよね?」

 

私「借用証書なんで原本還付されないと困ります」

「コピーで対応可能か相談していただけませんか?」

 

~数日後

 

先生「借用証書の写しで概ね応諾を得ました」

「ただ送ってみてからの判断だそうです」

 

若干不安が残る結果だが、

書類を送ってみないことには

始らなそうな雰囲気だw

 

農地転用申請書類

・借用証書コピー

・住民票(個人の場合)

・資金計画書

・委任状

 

借用証書は印紙添付、

署名、捺印まで済ませた

出せるばっかりの状態で

コピーを取るように指示あり。

 

住民票は銀行でもお約束。

本籍・個人番号は省略。

続柄・住所コードは

記載あっても問題ない。

 

資金計画書は、

全国共通の書式か不明。

内容的には非常に簡単。

氏名・職業・年商

資金調達方法・金額などを

記載するだけだった。

 

委任状は説明の必要ないな。

土地家屋調査士に農転手続きの

全権を委託する旨の委任状だ。

 

農業委員会は地域によりけり

どこの世界でもそうだが、

その中でしか通用しない

風習の様なものがある。

 

また伝統ある組織は、

組織改革が行われず、

時代の流れに置いていかれる。

 

「それに何の意味があるのか?」

「もっと効率的な方法があるのに・・・」

と効率厨の私からは、

信じがたいことが

平然と行われている。

 

今回の農地転用の件も、

「原本でなければいけない」

と頑なな対応であった。

まあ某ス〇ガ銀行の件も

あったし原本確認は重要w

 

それなら公庫に

電話確認してくれれば

良いのではないだろうか?

 

まあ愚痴を言っても始らない。

一応借用証書コピーで

受付はしてくれる様だし、

後は祈るだけである。

ではでは('ω')ノ