とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光発電】同市内なら変更で可?先端設備導入計画!

こんばんは!ベカンです!

新設の野立太陽光について

先端設備認定を申請予定だ!

 

この認定を受けると

太陽光設備の償却資産税が

3年間ゼロとしてくれる

超太っ腹な優遇税制だ!

f:id:bekan13:20200912205406j:plain

既に認定もらって

税金免除してもらってる

野立1号と同市内で親設予定。

 

設備導入計画の度に、

申請が必要と思ってたが、

どうやら変更手続きで

対応可能なことを

市役所に確認した。

 

どういうことか?

説明していこう。

通常の先端設備申請は?

始めての認定申請時は、

下記書類を市役所に提出。

 

【新規の先端設備申請書類】

1. 先端設備等導入計画に係る認定申請書

2.  別紙 先端設備等導入計画

3.  先端設備等導入計画に関する確認書(認定支援機関確認書)

4.  市税等の納税調査及び住民基本台帳による調査同意書

5.  先端設備等導入計画 提出用チェックシート

6.  工業会等証明書(写し)

※工業会証明書を後付けの場合、

 誓約書を代わりに先行申請。

 後日証明書入手後に追送。

 

結構ボリューミーな内容だ!

特に色々と厄介なのは、

「認定支援機関確認書」。

これは商工会・顧問税理士等に

内容確認を依頼して、

ハンコもらう必要がある。

 

税理士によっては

1件につき1~5万円ほど

報酬が掛かるケースあり。

費用がバカにならん。

また内容が気に入らんと

対応してくれない場合も。

※私は無料でやってもらったw

 

変更手続きはこんなにラク!

それが一度認定を取ると、

同市内で太陽光を新設しても、

変更手続きで済んでしまう。

 

【変更時の提出書類】

1. 先端設備等導入計画の変更に係る認定申請書

2.  変更後の端設備に関する誓約書

 

たったこれだけ!?

しかも初回提出した

文章の大部分をコピペ。

 

太陽光モジュールや

パワコンについて

型番・数量・金額を

追加するのみだ。

 

認定支援機関のチェックが

不要な点は非常に有難い。

報酬求める税理士相手なら

費用も浮いて嬉しい!

 

経営力向上化計画も同様!

公庫利率▲0.90%割引の

経営力向上化計画の認定も、

一度取得してしまえば、

変更手続きで対応可能!

 

ただこの認定の場合、

同市内等の括りではなく、

事業所ごとの判定だ。

 

え?意味がわからない?

それでは要約しよう。

 

【先端設備認定の場合】

申請場所:市役所

    1機目   2期目  3基目

A市  新規  変更  変更

B市  新規  変更  変更

 

先端設備認定は、

設置場所が重要。

 

【経営力向上化認定の場合】

申請場所:経済産業省

   1機目   2期目  3基目

A社  新規  変更  変更

B社  新規  変更  変更

 

経営力向上化認定は、

事業者ごとの判定。

 

この図なら分かり

やすかったろうか?

 

「計画期間」は最長5年で!

先端設備も経営力向上も、

申請経験ある人なら

お気付きだろうが、

どちらも書式酷似してる。

 

そしてどちらの認定も

最初に「計画期間」を

3~5年で定める仕様。

ここで迷うことなく

5年を選択しよう!

 

例えば、毎年1基づつ

太陽光を新設した場合、

計画期間が3年だと3基。

だが5年だと変更手続きで

5基いけるだろ?

 

変更手続きで

計画期間自体を

変えれるもしれんが、

面倒なので最初から

5年選択していれば

間違いはない。

 

最後に!

去年、先端設備と経営力の

両認定を所得した記事を

貼っておくので参考にされたし!

ではでは('ω')ノ

www.bekan13-investor.com

www.bekan13-investor.com