とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【税務】議事録、賃貸借契約、社保申請書類・・・。プロに頼むのも一手!

こんばんは!ベカンです!

昨日記事で紹介した「悪魔的発想」

超ウルトラ節税スキームを公表した。

www.bekan13-investor.com

 

内容は簡単!

社長である父の収入内訳を

ちょっと弄るだけ。

 

【収入内訳変更】

役員報酬240万円・・・社保71万円

   ⇓

役員報酬48万円 ・・・社保27万円

工場賃料192万円(税込)・・・法人:消費税17万円還付

                個人:消費税17万円益税

 

 

これだけで社保▲44万円!

法人消費税還付17万円!

因みに父個人は消費税免税で

益税17万円を計上するw

 

全く同じことでも

内訳変えるだけで、

何十万もお得になる。

逆に知らないと大損する!

これが税務の恐いところ。

 

・・・ということで!

今日は早速実行に移そうと

調べていたら結構面倒な

事務処理になることが発覚!

目下、悪戦苦闘中であるが、

途中経過を報告しよう。

事務手続きの流れ

収入内訳を変更するにあたり、

各方面に確認を取りながら、

事務手続きを調べた。

 

①役員報酬減額(社保減額)

・臨時株主総会を開催!

・満場一致で減額に賛成!

・期初から役員報酬20⇒5万円!

・4ヵ月目に標準報酬月額届を申請!

・定時株主総会で役員報酬減額の追認!

 

②工場家賃無償⇒有償へ

・臨時株主総会を開催!

・満場一致で賃貸に賛成!

・賃貸借契約書の作成!署名!

・工場家賃15万円を毎月社長へ!

 

は~考えるだけで億劫だw

でも先生に頼んだら

多分5~10万円は掛るだろう。

ここは気合入れセルフで行う!

 

自作自演の株主総会・・・

株式会社だと何かにつけて

「株主総会」を開く必要がある。

上記2つの手続きも総会必須!

 

でもね。

株主は社長オンリー。

取締役も社長だけ。

 

議長・株主・代表取締役の

父が一人で総会を開き、

満場一致で承認された!

(そりゃそうだ!w)

 

という何とも悲しい

議事録を作成するのだwww

 

完全に自作自演!

正直くだらないと思うが、

総会を開いたことにして

議事録作成しないと、

税務調査で否認される。

 

株主総会が必要なことか?

逐一確認をして議事録を

確実に残しておこう!

 

色々と書類作成が面倒!

役員報酬減額も!

工場賃料支払も!

株主総会を開いて、

議事録作成が必要!

 

役員報酬が下がり、

標準月額が変更になった

届出を年金事務所に

提出する必要もある!

 

社長と法人との間で

工場の賃貸借契約を

締結することも

忘れちゃいけないぜ?

 

ぶぁぁぁぁ!!!!

めんどくせーーwwwww

 

ネットで書類作成方法や

手続きの流れを調べると

すご~く中途半端に

教えてくれた挙句、

有料相談の流れになり

「クッソ!www」

とPCの前で地団駄を踏むw

 

そりゃ奴さんも、

商売だから仕方がない。

現在も鋭意書類作成中である。

 

時間・安全を買うのも一手

結局セルフで行うと

時間も膨大に掛り、

出来具合に問題がある。

 

素人仕事だと、

下手したら税務調査で

引っ掛かる可能性も!

 

自演自作の株主総会や

議事録作成に嫌気が差す

人も多いだろうよ。

 

そんな時はいっそのこと

プロに頼むのも良い選択だ。

 

時間と安全が担保される。

もし税務調査で指摘を

受けようものなら、

先生に責任追及できる。

 

私は過去頼んだ時の、

先生作成の議事録等を

参考に書類作成している。

なのでまだマシだが、

全く初めての人は、

丸投げした方が効率的だ。

 

この記事を書き終わった後も、

私は書類作成に奮闘する。

はぁ~貧乏性は辛いw

ではでは( ;∀;)