とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産・太陽光】公庫面談!新たな支店決裁上限が判明!

こんにちは。ベカンです。

今日から連休のため、

新設太陽光3基の

手続きを進めていく。

初日は公庫面談から

 

この連休スケジュールを

昨日公開したので参考のこと

www.bekan13-investor.com

公庫面談!

さあ!始まりました!

連休開幕早々にビックイベント!

公庫面談だ!

 

個人名義で太陽光資金4,280万円!

この融資が下りないことには

話が根底から崩れてしまう!

 

まあ前提として公庫の

支店決裁限度は5,000万円程

既存融資1,600万円あるので、

残り3,400万円まで

減額されるだろう。

そんな腹積りで面談開始。

 

減額!減額!減額!

上記の通り、3基分で

4,280万円→3,400万円

までは減額覚悟だった。

 

でもでも!

厳しい現実に直面!

話し合いの結果、2基分の

3,400万円→2,880万円

で審査を進める事に!

 

保全不足2,000万円の壁

今回新たな公庫基準が発覚。

それは保全不足2,000万円超も

本部凛儀になるという基準。

 

は〜知らなかった!

だから無担保融資って

1,000〜2,000万円程しか

承認されないのね。

 

民間でも決裁区分が

「本部」「支店」では

審査の厳しさが何倍も違う。

 

具体例(私の保全)

既存担保1,900万円

新規担保1,000万円

担保合計2,900万円

※固定資産税評価 

 

既存融資1,600万円

新規融資4,280万円

融資合計5,880万円 

保全▲2,980万円

 

これだと保全▲2,000万円超。

本部宛ての凛儀になる。

 

そこで太陽光2基分の

2880万円に減額すれば

保全▲1,580万円。

支店決裁範囲内だ。

 

あと実際の担保評価は

固定資産税評価額で見ない。

色々と掛け目を入れたり、

敷金控除・セットバック減歩など、

低く見積もられる事が多い。

 

公庫へ審査依頼する時は、

無担保オンリーなら

与信総額2000万円以内。

 

有担保なら最低でも

固定資産税評価額で計算し、

保全▲2,000万円以内が

申込限度という訳だ。

 

法人でやるからイイもん!w

まあ累進課税を意識すれば

個人名義で太陽光を

買い進めるのは得策でない。

 

会社に個人資金を貸付け、

法人名義で進めるとしよう。

ただ手持キャッシュでは

1基分1480万円が限界か。

 

利回りが一番低い案件1基を

現金決裁することで、

公庫審査も通りやすい。

 

しかも法人名義でも

持続化補助金が申請可能。

個人・法人で200万円と

ダブル取り出来るかも。

www.bekan13-investor.com

 

うむ!現金決済の方が得じゃ!

※ただの強がりですw

 

さてさて!

公庫担当から依頼あった

追加資料のFAX済ませ、

法人名義の持続化補助金の

申請書類をしたためるか!

ではでは(`・ω・´)