とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

線状降水帯が接近!不動案・太陽光オーナーの対策は?

こんばんは。ベカンです。

今年の梅雨は強敵ですな。

九州では熊本県を

中心に死者54名。

 

コロナで大打撃を

受けた後の仕打ち。

泣き面に蜂である。

 

近頃の豪雨は年々

酷さが増している。

 

そして明日には、

東海地方に降臨すると

ニュースが流れ戦々恐々。

 

ただ地震と違って、

来ると分かってるなら、

まだ対策は打てる。

 

不動産・太陽光オーナーの

取るべき対策を考えよう。

火災保険の確認!!

まずはこれだろ。

万が一保有物件に、

被害が及んだ場合、

即連絡するために

電話番号等を控える。

 

滅多に見ないものだし、

いざ探すと無いもの。

保険内容確認の観点からも、

事前に手許に置いておこう。

 

自分の避難が優先

不動産・太陽光投資家は、

災害時は物件が気になる。

でもまずは自分の

安全が優先事項である。

 

むやみに暴風雨の中、

物件を確認しに

外に出ないように!

 

河川決壊した場合の

避難場所等を確認。

緊急避難用の最低限の

荷物を纏めておく。

車も高台に避難準備。

 

去年の10月。

ウチの地元でも

河川氾濫ギリギリ。

この時の教訓である。 

f:id:bekan13:20200709213953j:image

 

ホテルに逃込むのアリ??

とある地元の社長は、

駅前の高層ホテルで、

避難がてら寛いでいたw

 

車も立体駐車場等の

高い場所に逃がせる。

 

1~2日のことなので、

数万円で安全が買えるなら、

案外良い選択肢かもしれない

 

入居者・物件確認

自分の身が守れたら、

次に他者の心配である。

 

入居者には事前に、

避難場所など案内し、

命を守る行動を促そう。

私は管理会社にお願いする。

 

また台風が去った後、

入居者の安否、

物件被害状況など、

即現地確認してもらう。

 

 

さあ!読者の諸君も

サンダーストームに

立ち向かうべく

準備をしておこう!

ではでは('ω')ノ