とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

念願のボーナス支給!!今年は税金に消えない!

こんばんは。ベカンです。

6~7月と言えばぁ~

そう!賞与の季節!

 

いや~嬉しいですね!

軽新車が買えるくらい、

単月で支給されるんだから!

 

でもね?

兼業投資家にとっては、

両手を上げて喜べる

ものではないのですよ~。

税金に消えるボーナス

 

個人事業者は4~5月にかけて、

まとまった資金が必要になる。

 

・所得税

・消費税

・固定資産税

・自動車税

 

税金四天王が勢揃いw

今年も税金支払いで

終わってしまうのか?

 

今年はそうはいかない!

ふっふっふ!

今年の私は少し違うぞ!

 

去年より野立太陽光を

個人名義で発電開始!

個人事業主になったのだ!

 

11月から売電開始のため

売上がほとんどないのに

イニシャルコスト支出大!

初年度は赤字計上で

所得税払うどころか

還付されたぞい!

 

また消費税課税事業者になった。

初期投資1,420万円の消費税8%が

ドカっと返ってくる!

100万円超の還付を受けた。

 

来年のこの時期が恐い

今年は税金が戻ってきたが、

来年は逆に支払が多くなる!

 

何故なら太陽光の売電収入が

勤め人年収と合算されて、

所得が増えてしまうからだ!

 

まだ低圧太陽光1基なら、

青色申告の控除65万円で

大部分抑えられる。

 

あとは経費を使って

所得を調整したいところ。

 

投資をし続ければ税金少なめ!

現在、太陽光業者より

FIT14円案件3基の提案あり。

 

表面10%超えそうなので、

今年中に仕上げる予定。

 

私の付き合ってる業者は

兎に角、仕事が遅いので、

今から始めれば完成は

年末付近であろうw

 

そうなれば、

売電収入は少額で、

イニシャルコストを

ガツンと経費に出来る。

 

また赤字になれば、

資金面に困らず

過ごすことが出来るだろう。

 

スタートアップ時は投資優先

毎年、コンスタントに

太陽光なり不動産なり、

投資できれば良いが、

途切れることもあるだろう。

 

投資対象がないと、

手元で遊んでいる

資金を使い節税に励むかも。

 

一番手っ取り早いのは

「倒産防止共済」

ほぼノーリスクで、

前納240万円の共済掛金を

損金計上できる。

 

少し裏技を使えば、

初回申込時だけに限り

280万円前納も出来る。

 

また小規模企業共済も

なかなかオススメだ!

資金拘束力は高いが、

これも掛金全額が

損金計上できる。

 

ただこれらの弱点は、

手元のキャッシュが減ること。

簡単に資金を下ろせないので、

投資スピードも落ちる。

 

最初のうちは、

投資のために現金を

温存しておくつもりだ。

 

タックスプランニングが成功の鍵!

事業者は売上を伸ばすことが

一番の課題ではあるが、

税金との闘いも忘れてはならない。

 

いくら業績が良くなっても、

税金で持ってかれては、

元も子もない。

 

各種税制優遇や経費を

巧みに使い税金を

なるべく支払ず済まそう!

 

ではでは('ω')ノ