とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【住宅ローン】裏オプション!?住信SBIネット銀行0.395%!!

こんばんは。ベカンです。

先日「新築マンション欲しい病」

と言う恐ろしい病気に

罹ってしまった!

不動産・太陽光投資家として

由々しき自体であるwww

田舎のゴミ物件ばかりを

経営している反動だな。

 

駅前の煌びやかな

新築マンションに

夢中になってしまった。

 

展示ギャラリーを訪問し、

営業担当と面談。

マンションについて

色々と教えて貰った。

 

そこで驚きの住宅ローンを発見!

金利なんと変動0.375%!!!

情報を共有する。

デベロッパー提携ローン

ネット銀行と大手デべが

手を組み、通常より低金利で

住宅ローンを提供している。

 

住信SBIネット銀行ならば、

変動金利0.395%適用可能らしい!

ここまで安いと狂気の沙汰だ。

 

SBIネット銀行の

通常の住宅ローン金利を

参考に貼っておく。

 

【ネット専用住宅ローン】

2020年6月1日時点

変動金利タイプ

通期引下げプラン

0.457%

基準金利 : 年2.775%
金利引下げ幅 : 年-2.318%

固定金利20年

当初引下げプラン

1.37%

基準金利 : 年3.95%
金利引下げ幅 : 年-2.58%

 
 
【ミスター住宅ローンREAL(店頭来店タイプ)】

変動金利タイプ

通期引下げプラン

0.41%

基準金利 : 年2.775%
金利引下げ幅 : 年-2.365%

固定金利20年

当初引下げプラン

1.36%

基準金利 : 年4.05%
金利引下げ幅 : 年-2.69%

 

SBIネット銀行は、

何故か、人件費が掛かる

店舗受付の方が金利が

安いという謎現象が起きるw

 

0.41% - 0.395% = 0.015%

店頭来店タイプ比較では

殆ど差がない。

 

ただ提携ローンならば、

SBIマネープラザに

いちいち訪問する必要が

ないのが良いところだ。

 

【累計支払利息】

前提:住宅ローン3,000万円 35年

店頭来店タイプ 2,208,960円

提携ローン   2,126,220円

差額        82,740円

 

店舗に出向く手間が省け

利息8万円もお得になる。

更にネット契約ならば、

印紙代2万円も非課税だ。

 

訪問時間と10万円を

ノーリスクで得れるなら

それに越したことはない。

 

ローン控除で儲かる???

消費税増税後の

景気後退防止策として、

ローン控除は10→13年と

3年延長されている。

更に金利がすこぶる安い。

 

こうなると35年間で

支払うローン利息より、

ローン控除で還付される

所得税・住民税の方が多い。

 

変動0.395% 3,000万円 35年

35年間総支払利息 2,126,220円

13年間ローン控除 3,344,511円

差額       1,218,291円

 

なんとお金を借りると、

利息を払うどころか、

121万円儲かってしまう。

しかもたった13年間でだ!

これぞマイナス金利!!w

 

勿論、所得税・住民税によって

上記の計算通りにいかないが、

独身で年収500~600万円あれば、

全然いける水準である。

 

既婚者で共働きならば、

夫婦連帯債務で余裕で

全額還付されるだろう。

 

「ローン控除で儲かる」

けっこう再現性がある話だ。

 

意外とある裏オプションの数々 

大手デべ・ハウスメーカーが絡むと

銀行サイドも案件紹介を期待し、

特別条件で融資をするケースがある。

 

本件のような金利割引以外に、

私が聞いたことがあるのは・・・。

・40~50年の長期ローン

・保証料、事務手数料の割引

・特約団信金利上乗せ幅割引、無償

 

大手絡みでなくても、

銀行同士を競合させて、

特別条件を引き出すことも。

 

ただ、あまり競わせ過ぎると

面倒になって手を引くことがある。

ただでさえ儲けが商品だし。

やる時は程ほどに。

 

住宅ローン借入を

検討してる人は、

ネット・店頭広告で

掲載されていない

裏オプションを探してみよう。

 

ではでは('ω')ノ