とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【本レビュー】『日本一わかりやすい ひとり社長の節税』著:田淵宏明

こんばんは。ベカンです。

今日紹介するのは、

税理士YouTuberとして

お馴染みのヒロ先生が

出版された本だ!

www.youtube.com

ヒロ先生のチャンネルは、

堅苦しい税務の話を、

初心者にもわかりやすく、

丁寧に教えてくれる。

また砕けた話し方なので、

最後まで面白く聞ける。

 

6/8発売の出来たてホヤホヤ。

記憶が新しい内に、

ブックレビューをしよう。

 

本の概要

これから事業を始める方。

また既に始めてる方。

そして「個人事業主」で

確定申告をしている方。

そんな人に是非読んで欲しい。

 

この本では自分一人の会社、

またはマイクロ法人を設立し、

法の範囲内で最大限、

節税する方法がビッシリと

記載されている。

 

「日本一わかりやすい」と

謡ってるだけあり、

絵や図表を使い、

時にはコミカルに

話が進んでいくので、

読みやすく出来ている。

 

ただし!

税務の事に疎い人には、

結構しんどい内容だろう。

 

一度でも確定申告・決算を

した人なら分かるかもだが、

サラリーマンでこれから

企業する人には特にツライ。

今まで源泉徴収のお蔭で

税金に無頓着だったのだから。

 

ただ書いてあることは、

中小企業ならば、

どれも即効性のある内容。

また知らないと損する

ことばかりだ!

 

この本で理解できねば、

正直どの本でも分からない。

そう確信できる素晴らしい出来だ!

 

聞きなれない税務の

専門用語は都度調べて、

読み解いていこう。

 

それでは次項より、

本書を読むうえで、

絶対理解して欲しいことを

大まかにまとめていこう。

細かいテクニックは

本書で学ぶんだそ?

 

個人・法人の税金の違い

これは一番理解して欲しい箇所。

個人の場合、所得の額により

所得税・住民税で

15%~60%の幅がある。

これを超過累進課税という。

半分以上税金で持ってかれる!

 

対して法人の場合は、

25%~35%である。

これだけ見ても、

法人の方が有利に見える。

 

事業が小規模な内は、

個人事業主の方が、

有利な場合もあるが、

その他節税対策も

法人の方がやりやすい。

 

規模、利益水準が

一定水準を越えれば

絶対法人化すべきである。

 

具体的な理由・方法は

是非本書を読んで学んで欲しい。

 

過度な節税は命取り!!

事業の税金って冷静に考えると

ものすごく高い。

 

特に資産運用の経験者は

ご理解いただけると思うが、

運用益5%でも相当良い方。

そして税率も分離課税で

一律20%がほとんど。

 

なのに事業の税金だと

平気で30~50%も

取られてしまうのだ!

 

税金を払いたくない

一心で無理な節税に

走る人も多い。

 

けれでも大体の節税方法が、

納税の繰延に過ぎない。

いつかは支払う時が来るのだ。

 

また手持ちのキャッシュを

使う節税方法が多く、

資金繰りが逼迫して、

事業継続が困難になっては

本末転倒である。

 

また節税=利益を減らす行為。

決算書上の見てくれが悪く、

銀行融資審査に影響も出るやも。

 

「本来払う必要のない税金は

1円も払う必要はありません」

と本書でも言及しているが、

過度な節税も命取り!

 

またグレーな節税方法に

手を出して失敗した時は、

延滞税だの重加算税だのと

余分な金を払う羽目になり、

酷いと倒産してしまう。

 

適度に利益を出し

納税することで、

会社の純資産を増やす

努力も必要だ。

 

事業者は絶対読んで欲しい本

私は銀行員であり、

法人担当の経験あるので、

書いてある内容は、

ほぼ既知であった。

 

それでも、相当丁寧に

解説してくれているので、

細かいところで理解が深まった。

 

法人事業税・法人住民税とか

正直ざっくりしか知らなかったw

 

この本をマスターすれば、

年商1億以下の中小零細なら

大体通用する内容だろう。

 

本業がどれだけ素晴らしく、

利益を上げていても、

税務が疎かだと

今後の事業継続に

支障が出てしまう。

 

税務な苦手な方も

歯を食いしばって

「日本一わかりやすい

本書で克服して欲しい。

 

ではでは('ω')ノ