とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

減価償却忘れるって、それはないでしょう!

こんばんは。ベカンです。

6/4に公庫面談を控え、

試算表の準備を急ぐ。

 

GWに資料をまとめて、

既に税理士に郵送済。

約1ヵ月掛り出来上がった。

 

税理士はこの時期は、

3月決算の企業が集中し、

忙しい時期なので、

大変だったらしい。

 

どれどれ~??

4月迄の業績はいかほどに?

爆益!!何か間違ってる!!

何かね。

当期利益がおかしいの。

今まで見たことない黒字。

 

確かに、人件費削減や、

アパート2号の家賃追加で

利益は増加してるが、

そこまで出ないだろ!

っていう水準だ。

 

正直、父経営法人の

顧問税理士を微塵も

信用してないので、

抜けている経費を探す。

 

減価償却が入ってない!!

ほれ!きた!www

何と減価償却の項目がない!www

 

減価償却忘れるって

それはないでしょうwww

 

どうやら税理士事務所の担当は、

償却資産の理解が乏しいらしい。

 

私「あの~減価償却が入ってないんですが~」

 

担当「え?減価償却は決算時に一括算入してますが?」

  「いつも試算表には入れてませんよ??」

 

えええええっ!!!!!www

 

まさか!と思って

昨年貰った試算表を

掘り起こして見たら、

確かに減価償却がない!

なんでやねん!

 

誤った経営判断をしてたw

私が父経営法人に

関与し始めたH29年度。

当社開業して初めての

試算表を作らせた。

 

そもそも試算表を作らず、

決算出たとこ勝負とか、

よく今まで生きてこれたなwww

 

それはさて置き、

H29年からはアパートや

太陽光投資を始めた年でもある。

それまで当社に償却資産が

皆無だったため担当も

試算表に減価償却の項目を

入れ忘れていたのだろうか?

 

でも税理士なのに

そんなミスってあるのかいw

まあ築30年の中古RCアパートを

新築と同じ耐用年数47年で

計上してしまうバカっぷりだし、

今頃ビックリはしないのだが。

 

そのデタラメ試算表を

公庫様に提出して

4回も融資受けてしまった!

これ粉飾決算ジャン!

ん?決算には減価償却を

ちゃんと計上してるから、

粉飾試算表???

 

どちらにしても毎期毎期、

ありもしない利益に心躍らせ、

納税に怯えるとは情けないw

 

マジで訴訟モノ

ぶっちゃけ今までも

大型設備いれるから

消費税還付狙ってる旨を

伝えたのに簡易課税だったり、

中古RCアパートの

償却期間を新築同様にして

セルフデットクロスしたり、

損害を多々被ってる。

 

これって訴訟起こせば

勝てるよね???

 

父経営法人の本業部分は、

私もブラックboxなので、

売上・経費がまともに

計上されているか心配である。

 

持続化給付金の際に、

開業以来初めて

まともに売上台帳を

私が作って大分見えてきた。

自分が税理士のつもりで、

しっかり見ていこうと思う。

 

何のために税理士報酬を

払っているのか疑問だがw

 

ではでは( ゚Д゚)