とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

外資系保険会社スカウト。話を聞いて来た!

こんばんは!ベカンです。

 

元銀行同期だった奴が、

外資系保険会社に転職した後、

久々に会って話した。

 

「保険商品でも売り込まれるのか?」

 とドキドキしながら聴いていたら、

何と保険会社へのスカウトだった!

 

詳細は4日前の過去記事参照。

【対象の過去記事】

www.bekan13-investor.com

聞いて来た内容を

公開したいと思う。

 

なお事前に質問内容を

Twitterで募集を掛けたら

8件もの投稿をいただき

誠に光栄である。

では内容に移ろう。

投稿受けた質問

・iDeCo売りの少年銀行員様

・ragakb様

・オーペー犬様

・中森サトル様

・みつき/元公庫職員様

・ちゅわんちゅ様

・ひまつぶし様

保険種類で報酬に違いあるか?

報酬は保険金支払額か保険金額に対してか?

年収はどれくらいになるか?

・ワーママゆり様

コロナ中は如何に新規開拓しているか?

 

 投稿質問のまとめ

読者からの質問を分類したら

以下の5つに集約された。

・保険契約キックバックの割合・条件 

・ノルマの具合(坊主が何日許されるか?)

・担当者は自社保険に加入してるか?

・退職金の算定方法

・コロナ禍中はどんな営業活動してるか?

 

これ以外にも私が

気になっていることも

追加で聞いている。

 

また私自身で

「こんな保険商品ないか?」

と提案依頼してるので、

また後日報告する。

 

 

投稿質問への回答

①保険契約の報酬割合・条件 

まず2年目までは使用期間。

基本給10万円、

2年間だけ20〜35万円上乗せ。

上乗せ部分は逓減していき、

2年経過するとゼロになる。

その間に顧客基盤を作れ!

と言うことだろう。

 

新規契約した保険料に

対して単発報酬。

保険料2〜4割が報酬となる。

医療保険・ガン保険や

死亡保険(定期型)は割合高い。

死亡保険(養老・終身)あたりが、

一番割合が悪いとのこと。

 

無事2年経過後は、単発報酬の他、

既存顧客の保険料の数%程度が、

4年間継続的に入ってくる。

 

また成績に応じて

基本給が70万円まで上昇。

更に年に4回ボーナス支給。

※算定方法は不明

 

その他にスカウト業務もあり。

普段の新規保険営業と兼業している。

1人につき1年間毎月5,000円(年6万円)

スカウトした人の成績次第で

ボーナス時にプラス10万円(最大40万円)

 

その後も師弟関係が結べ、

弟子の実績に応じて、

師匠も報酬恩恵に預かれる。

これってネ◯ミ講じゃ?w

 

2年間の使用期間中は、

年収1000万円超は厳しそう。

既存顧客分の報酬プラス、

スカウト業務でチームを作り、

3〜4年目頃には到達できる感じ。

 

そして一番の問題は、

年収でなく「年商」であること。

普通の会社では当然出る経費は

全部自腹(自分の経費)である。

仮に1000万円報酬があったとしても、

経費500万円だったら

年収(所得)500万円なのだ!

意味がわからない人は

税務を勉強してくれ。

 

②ノルマの具合(坊主が何日許されるか?)

ノルマと言う概念はない様だ。

ただし!契約が取れないと、

ノルマなんて生優しいと

思える程の罰則がある。

2ヶ月新規契約が取れないとクビ

ブルブル!((((;゚Д゚)))))))

 

まさにスポーツマンの世界。

実力無き者は戦力外通告だ。

 

③営業担当者は自社保険に加入してるか?

自社保険加入が入社条件だった。

なので必然的に加入している。

またボーナス査定で後少しなら、

自分カードを切るのも一手。

後は2ヶ月契約取れなそうな序盤。

クビの皮一枚繋ぐためにも、

自爆行為が必要かも?w

 

④退職金の算定方法

外資系は退職金ないと思ってたが、

どうやらあるそうだ。

ただ具体的な算定方法は

聞けなかった。

 

⑤コロナ禍の下でどんな営業活動してるか?

全く営業できなかった様です。

彼のスケジュール表見ても、

4〜5月は顧客面談予定が白紙。

 

見込み客に電話したり、

既存顧客のメンテしたり。

また自宅待機中は、

ズーム等でテレビ会議。

テレワークが中心で、

実績関わらず毎月10万円支給。

 

他の外資系と比較もしたい

保険契約の成功報酬は、

単発報酬やボーナス加算で

貰うことがメイン。

好調の時は良いが、

取れなくなるとガクっと

年収が落ちる危険性が。

 

2年目生き残れば、

既存顧客の保険料に対しても

報酬は発生するが4年で打ち止め。

ストックが効かないのは痛い。

 

これではカツオの様に永遠と

泳ぎ続けなければならない。

収入保証がある2年目以内に

顧客基盤構築しなければ死ぬ。

 

う〜む。頑張り次第で

高年収なのは分かるが、

私の銀行員職位・年収を捨て

転職するのはリスクでは?

 

銀行業務はうんざりであるが、

不動産・太陽光投資の融資を

引くには便利だし、

土日はしっかり休みを取れる。

 

上位職を目指さなければ、

適当に仕事をこなし、

安定収入も得られる。

 

外資系に行くにしても、

できたら保険契約報酬が

解約まで支払われる

保険会社が良いな。

 

顧客ストックが貯まれば、

後半は新規契約取らなくても、

既存顧客メンテで食っていける。

 

もし本気で転職する気になったら、

他の外資系保険会社も面談したい。

 

ではでは(*・ω・)ノ