とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【本】読書をして気付いたこと3つ。同ジャンル反復・高い本の有用性・紙媒体が一番

こんばんは。ベカンです。

コロナ自粛が始ってから、

家で読書漬けの日々である。

 

スピードが遅いので、

2ヵ月で20冊程度だが、

そこで気付いた事があった。

同ジャンル本は内容が被る

私が読むジャンルは

非常に偏っており、

「投資」「税務」が中心。

何冊か同ジャンルを読むと

本によっては内容が被る。

 

不動産投資本なんかは特に顕著。

例えばこの本が印象的だった。

いつも読了に2~3時間を要するが

この本に至っては10~20分くらい

ページを捲って終わった。

内容の殆どを知っており、

読み飛ばしてしまったからだ。

 

それなら何で買ったんじゃい!

と読者の声が聞こえてくるw

それは「レアボロ」という

言葉が斬新に聞こえたから。

 

また目次にも惹かれた。

「地方ボロアパート1買い!儲かる物件探し!」

「ボロアパ管理で利益を最大化!」

「利益を確実に生むキャッシュフロー戦略!」

「ノウハウさえ押さえれば不動産投資で成功できる!」

 

私の地方築古アパート戦略にマッチ。

何かウルトラCが載ってるかも!

と期待してしまったのだ。

 

ただ実際書いてあったことは、

ごくごく当たり前のことばかり。

最終章の「新興国不動産」は、

知識の蓄積としては為になったが、

個人的に全く興味がなかった。

 

反復効果による知識定着

前項で言いたかったのは、

「この本が退屈だった」

ということではない。

 

同じジャンルを読み続けると、

内容が被り出すので、

自分の中で既出の知識となる。

 

数冊だと被っても新鮮味あるが、

何十冊になると「もう知ってるよ」

となって読み飛ばす箇所が増える。

こうなったら儲けものだ。

その箇所に対しては、

知識が定着した証拠である。

 

 本当は良本を何度も読むのが

一番覚えれるだろうが、

どうしても飽きがくる。

 

そこで筆者を変えて、

同じ内容に近い本を買えば、

また気持ち新たに読めるものだ。

同ジャンル本を大量読了する

意義はここに尽きると思う。

 

「高い本」の真の価値

 私は個人事業主の顔を

持つようになってから、

書籍は経費で落とすので、

買う本の値段を

気にすることが減った。

 

今までは買わなかった

2,000円前後の高い本にも

手を出すようになった。

この頃買った高い本はこれ。

 
ファクトフルネス1,800円税別
シン・ニホン2,400円税別

本1冊でちょっと一杯

引っかけるに充分な金額。

普通のサラリーマンは

買うのも躊躇するだろう。

 

だがそこに価値がある!

この本を買って読むだけで、

世の大多数の勤め人と

知識面で差別化が図れる。

 

値段を取るだけあって、

著者もその分野の一流有識者。

また内容・考察も濃い。

 

その分書いていることも

難解になるので読者の

レベルも問われるが

そこは訓練である。

 

新卒社会人が日経新聞読んでも

最初はチンプンカンプンだが、

毎日読めば段々と理解できる。

それと同じだ。

 

やはり紙媒体が一番

この頃流行りは

・電子書籍

・オーディオブック

 

紙の本とは違い、

家でダウンロードし、

すぐに読み聞き出来る。

スマホで出来るので、

持ち運びも簡単。

通勤・風呂・トイレ時間等の

隙間時間を有効活用できる。

 

効率的なことは認める。

だが私は紙媒体を推す。

 

まず電子書籍の難点。

パソコン・タブレット画面は、

長時間見るのに向いてない。

完全に目がやられる。

まあ負担軽減する機種や、

方法もあるだろう。

 

しかし銀行業務でも、

PC画面と睨めっこし、

暇さえあればスマホを

弄ってる自分としては、

「画面を見ない時間」が

少しでも欲しいのだ。

 

ならばオーディオブックはどうか?

これも試したがイマイチだった。

文章を見て読まないと、

どうも集中できない。

そして理解力も乏しい。

就寝時に聞く人も多いが、

寝落ちするのが関の山だ。

 

あと両方に言えることだが、

読書は隙間時間にするものではない。

意識を散漫な状態で、

いくら読み聞きしても、

頭に入ってこない。

 

読書は全神経を集中して

理解しながら読むんでこそ

血となり肉となる。

 

電子書籍・オーディオブックを

隙間時間に楽しむなら、

既に読んだ本の反復なら、

良いかもだな。

 

 

コロナ自粛で是非読書を

普段、忙しくて読書の

時間が取れない人も多いだろう。

 

今なら自宅待機・テレワークの

お蔭でまとまった時間を取る

こともできるかもだし、

折角だから読書をしよう。

 

私もサラリーマンになってから

本当に読書をしなくなった。

いや?実は学生時代も

読書はマンガ程度であったw

 

知識を常にアップデートしなければ、

時代の流れに置いてかれる。

本なら数千円で今どきの

知識を簡単に手に入れれる。

ネット知識だけだと

信憑性に難がある。

是非、本を読んで知識を広げよう。

ではでは('ω')ノ