とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産・太陽光】公庫から面談アポ電!

こんばんは。ベカンです。

GW中に公庫宛てに、

コロナ特別貸付を申込み。

 

5/4に必要書類を郵送。

公庫からのアクションを

待っていたところ、

担当より電話があり。

 

今回は既存借入一本化という

少し風変りな依頼をしたので、

先方の反応が気になるところ。

 

私と同じ様に既存借入を

まとめて返済軽減したい人は

参考になる記事かと思う。

本日は途中経過を報告する。

 

 【関連記事】

www.bekan13-investor.com

 

 

まずは郵送ハガキ

f:id:bekan13:20200511201631j:image

 

 ご丁寧に書類受付た

旨のハガキが届いた。

 

いつも同様の通知が来るが、

内容がコロナ仕様になっている。

 

文面から察するに

担当から連絡が入るのも

相当先になると踏んでいた。

 

同日に担当より連絡あり!

なにぃー!!www

1ヵ月先くらいを、

覚悟していたが、

ハガキ到着と同日に

連絡があるとは!w

 

公庫は融資申込み時に

必ず支店で面談するのだが、

そのアポ取りをした。

 

ただ申込が殺到しており、

最短で6/4の11:00しか

相手いないと言うではないか。

 

1時間刻みで予約があり、

このピンポイントで

会えなければまたの機会に、

と連れない返事であるw

 

父経営法人は、

仕事も激減してるし

時間は作れるだろうから

問題はないが。

私も仕事を休んで

なるべく同行しよう。

 

既存借入の一本化の感触

まず結論から言うと「困難」

理由は既存借入が

すべて「有担保」だから。

 

コロナ特別貸付は「無担保」

制度上、有担保・無担保は

一緒にできないのだ。ひ~ん!

 

まあ逆を言えばだが、

無担保借入しかない人達は

一本化も可能だということ。

 

正直これは予想していたので、

何も驚いてはいない。

ただ一つ疑問点がある。

 

公庫の担保は「根」抵当権。

借入すべてに効力があるタイプだ。

だとすれば、無担保の制度融資を

借りても結局は、有担保と

変わらない扱いになるのでは?

 

ん?言ってる意味が分からんって?

そんな読者はまずは

抵当権・根抵当権の

違いを勉強してから

もう一度考えてみてくれ。

 

単純な新規借入には前向き

既存借入一本化は難しそうだが、

純粋な新規借入自体には前向き。

 

親父からの又聞きなんで

信憑性が少し低いが、

どうやら3,000万円くらい

何とかしてくれそうだとな!?

 

多分これは聞き間違えだと思う。

だって父経営法人の年商を

越えちゃってるもん!テヘペロw

おっと年商がバレてしまった。

 

因みに私が真水部分で

申込した金額は500万円。

固定費の半年分を要望した。

増やしてくれても、

1年分の1000万円が

限度であろうと推測する。

 

決算書が良いと言われた!?

正直、耳を疑う内容だ。

何故なら、父経営法人は

債務超過の会社だ!

 

私がアパート・太陽光で

テコ入れした直近年度は

黒字となってはいるものの、

それより以前は万年赤字。

 

担当者は血迷ったか?www

それとも、うちより

酷い決算書を見過ぎて

判断基準が下がったのか?

真相は不明である。

 

ただ債務超過と言っても、

役員借入を控除すれば、

解消できているとも言えるし、

一応直近だけは黒字決算。

 

昨年一人従業員が退職して、

固定費が凄く下がったので、

今年から利益体質になった。

 

あながち間違えではない。

 

父の空耳ではなく

本当に3000万円も

貸してくれるのだろうか?

6/4までお預けである。

また報告する。

ではでは('ω')ノ