とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産・太陽光】公庫融資申込み!既存借入の一本化!

こんばんは。ベカンです。

世間はコロナ自粛のため

外出できず折角のGWを

持て余してる人が多い様だ。

 

だが兼業投資家は違う!

平時に貯まった諸手続きの

片付けに奔走するのだ!w

 

ずっと保留してた、

政策金融公庫融資の

借入申込書を郵送!

 

 

「新型コロナウイルス感染症特別貸付」

ちまたでは「公庫水」などと

呼ばれてるこの融資。

 

経営危機に陥っている

中小事業者の方の参考に

なると思うので、

申込内容を紹介しよう。

父経営法人がピンチ!

父は地元で家業を長く経営。

B to Bの仕事なのだが、

4月売上が前年同月比で半分に!

 

これはマズイ!と思い、

まずは持続化給付金200万円申請。

これで当面の資金繰りを

付ける算段である。

 

【持続化給付金の記事】

www.bekan13-investor.com

 

これだけでは不安なので、

次策として公庫融資を申込み。

当面半年くらいの資金繰りの

算段を付けようと思った次第だ。

 

既存借入の一本化

今回はただ新規融資を

依頼するのではなく、

少し変わったアプローチを試みた。

 

既存の公庫借入と、

今回の新規運転資金を1本化。

銀行では「回収新規」とも呼ぶ。

 

全体の期間を延ばし、

返済額を抑えることで、

資金繰りに余裕を持たせたい。

そんな狙いである。

 

【既存借入+新規融資】

           残債   返済元金 残期間 金利 制度種別

①賃貸アパート1号  2,100万円  14万円  12年 0.85% 新規事業

➁本業機械設備    140万円  4万円    3年 1.31% 緊急対策

➂太陽光       440万円  3万円  13年 1.50% 経営力向上

④賃貸アパート2号  1,400万円  11万円  14年 1.31%  普通

⑤本件運転資金    520万円   ?   ?   ? 

 合計        4,600万円 32万円

                ⇓

【回収新規後:特別貸付】4600万円  19万円 20年(据置5年)1.36% 

 

借入の殆どが私が副業で始めた、

不動産・太陽光投資の借入。

現在アパート満室経営・太陽光も売電安定。

本業赤字を助ける形だが、

ここで返済額が減れば、

資金繰りは相当余裕が出る。

 

なんせ返済元金19万円だ!

相当インパクトがデカい!

更に!返済猶予5年も

付けれる可能性がある。

 

新規融資(一本化)の懸念点

金利上昇

前項の借入内容を見ると

既存借入は軒並み低レート。

今回の新型コロナ特別貸付に

借替えてしまうと金利上昇する。

 

ただし3年間は▲0.90%なので、

1.36%-0.90%=0.46%

 

更に市からの特別利子補給で、

3年間実質ゼロ%になる可能性も!

 

3年後は1.36%に戻るが、

今回は非常事態のため、

返済額軽減効果を優先したい。

 

一本化不可な場合も

既存公庫融資は、

各種制度を利用して

低金利で借入しているが、

今回のコロナ特別融資と

制度上の兼ね合いで、

合算できない可能性あり。

 

また既存借入のために、

父工場・アパート等を

担保提供している。

コロナ特別融資は無担保。

有担保・無担保の違いでも

何か弊害があるのではないか?

 

更に資金使途も心配だ。

既存借入はすべて設備資金。

今回の運転資金と一緒に

しても問題ないのだろうか?

色々と心配ごとが残る。

 

新規貸出の判断

そもそも論だが、

返済見込みがない法人に、

新規融資は出ない。

本業で万年赤字の

父経営法人だけに不安。

 

ただ近頃は私が大幅な

経費削減を断行したり、

不動産・太陽光部門が堅調。

直近決算は当期利益100万円で

着地できた経緯あり。

 

償還財源250万円=当期利益100万円+減価償却150万円

借入総額4600万円÷250万円=18.4年 < 本件20年

 

もし設備基準20年で

貸してくれるなら、

何とか償還力も入る。

運転基準15年なら超過。

 

企業は資金繰りが命!

これに尽きる!

いくら黒字だろうとも、

売上が伸びようとも

資金ショートしたらダメ。

黒字倒産である。

 

新規融資を受けて

一時的に凌げたとしても、

返済が大変になっては困る。

 

なので金利が高くなろうとも、

返済期間を延ばす!

これが最優先事項だ。

 

コロナで売上激減して

大変な事業者さんは、

融資一本化も検討してみてくれ。

注意点は公庫内の借入のみ。

 

他金融機関での借入は、

その銀行に相談しよう。

ではでは('ω')ノ