とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【雑記】LINE飲み会実施!ネットで繋がるデメリット。

おはよう。ベカンです。

昨日は21時くらいから、

LINEで飲み会を開催!

 

普段会えない遠方の友人達。

GWを自宅で持て余しており、

急遽ネット宅飲みとなった。

 

最初は3人でスタート。

次第にLINE招待に気付き、

最後は6人まで増え、

大盛り上がりだった。

 

・何処にいても飲み会可能

・アルコール無理に勧められない

・安上がり

など利点が多数あった。

ネット宅飲みのデメリット

最高に面白かった反面、

不都合も多かったので、

今日はネット宅飲みの

デメリットを紹介したい。

 

終わりが見えない

リアル飲み会は終電とか

帰りの心配がある。

しかし宅飲みだと、

永遠と会が終わらないw

 

結局、気付けば深夜2時。

LINE画面を見ると通話5時間。

 

時間を忘れるほど

楽しかった訳だから、

有意義な時間だったが、

何か区切りを付ける

工夫が必要かもね。

 

飲食し過ぎる

飲み屋だと値段を気にするが、

宅飲みでは安く済む。

食べたいだけ食べ、

飲みたいだけ飲む。

 

飲食の感覚が狂う。

開始30分以内に、

買ってきたビール2本と

ポテトチップスが蒸発w

 

もしビール・菓子類の

備蓄があったとしたら、

私は5時間永遠と

飲み食いしていただろう。

 

私はその日必要な分だけ

購入する習慣のため、

問題が少なかったが、

備蓄がある人は注意である。

 

断り辛い

今回は仲の良い友人同士で

楽しく宅飲みできた。

 

が!考えることは皆一緒で、

他グループからもお誘いが。

招待の中には、

ちょっと微妙な

会もあるだろう?w

 

でも自粛中なので

自宅にいることがバレてる。

断る理由が見つからない。

「別に参加したくないからパス」

とも言えないしw

 

「他のネット宅飲みしてるよ」

などの理由を提示し、

後腐れない断り方をしようw

 

個別に会話できない

LINEグループ会話は、

全員が同時に繋がる。

音声通話のみで行ったが、

喋るタイミングがダブる。

音声のタイムラグも少々。

 

全員で一つの話題に

集中する必要があり、

興味ない人は可愛そうだ。

 

普通の飲み会なら、

複数人居れば、

各人が好きな話題を

楽しむことが出来るが。

 

お花積み・タバコで

席を離脱した際に、

密談も出来ない。

 

ネット宅飲終了後に

個別にひっそり話そうw

 

デメリット改善の余地あり

この世にはLINE以外にも、

zoom、Skype等の

コミュツールが多数ある。

 

そのツールならば、

上記のデメリットを

改善する方法があるかも。

 

既に普及してるLINEの方が、

呼び掛けやすかったので、

zoom・Skypeは使わなかった。

 

今後、投資界隈の方々とも、

宅飲み・セミナーを通じて

繋がる機会が増える。

その他アプリ・ツールを活用して、

不都合を解消していきたい。

 

ではでは/(^o^)\