とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【株式投資】フォールン・エンジェル

こんばんは。ベカンです。

 

今日日、コロナの猛威で、

経済活動は停止状態。

 

株価下落を阻止すべく、

各国の中央銀行が、

株を買い支えている。

 

ただリーマンを超える

景気後退が発生してしまい、

下落に収集がつかず、

FRBが禁断の手を使い始めた。

ジャンク債の購入だ!

 

ここでどうも気になる言葉が、

話題になっている。

「フォールン・エンジェル」

 

f:id:bekan13:20200429234319j:plain

普段アメリカ株は全然見ないが、

この「フォールン・エンジェル」

日本語約「堕天使化」という言葉に

思わず左手の封印と額の第三の目が

うずき出してしまったので、

題材にしようと思った次第だ。

適格投資対象からジャンク化

知らなかったのだが、

米国を代表する名だたる企業が、

次々にジャンク債に格下げ中だ。

 

・フォード(自動車)

・デルタ航空(エアライン)

・ハインツ(食品)

 

その他にも私の知らない銘柄で

・メイシーズ(百貨店)

オキシデンタル・ペトロリアム(石油)

 

これを米国では

「フォールン・エンジェル」と

呼称しているらしい。

今後、闇落ちする企業が、

増加するとの見通し。

 

因みにジャンク債とは、

格付BB以下の投機要素が強い社債。

別名「ハイイールド債」「投機的格付債」

 

ジャンク(くず)などと

呼ばれるだけあり、

デフォルトリスクが高く、

高金利で発行されている。

 

堕天使化の何が問題?

歴史的低金利の中、

運用難に悩む投資家が、

投資適格ギリギリの

トリプルB格債権を

買い漁っていたらしい。

 

適格投資家・ファンドの

ルールとしてジャンク債の

運用は御法度。

うっかりフォールンすると、

投げ売りされてしまい、

ただでさえ不安定な

ジャンク債は勿論のこと、

社債市場全体が大混乱!

 

社債大暴落を起因とした

金融市場パニックを防ぐべく、

FRBが投資適格社債をはじめ、

ジャンク債まで買い出した。

そんな状態である。

 

出口の見えない緩和政策に不安

このFRBの思い切った行動は、

ひとまず社債市場の安定化を

果たし市場でも評価されている。

また金融市場全体の下落基調の

歯止めを成功したように見える。

 

しかし!これは一時的に

難を凌いだに過ぎない。

根本原因である新型コロナの

収束見通しは全然ない。

感染者・死者数も数知れず。

 

日銀も流石にジャンク債には

手を出していないが、

国債・ETF の買い支えに

糸目を付けない姿勢。

 

コロナの前から、

世界中の中央銀行が

お金を刷りまくり

緩和緩和の大旋風だ。

 

いつかこの緩和のツケを

清算する時が来るような

気がしてならない。

 

100兆単位の資金で、

株だの債権だの

買ってないで、

その資金を国民に

バラまいた方が、

よっぽど経済効果が

あると思うのだが?

 

現状、株式市場も

持ち直している様に

見えるが私はまだ

懐疑的である。

 

今後もショート姿勢を

続ける方針。

ではでは('ω')ノ