とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産投資】プロパンガス無償貸与。自宅まで行けるか?

こんばんは。ベカンです。

先日アパート1室入居が決まり満室。

賃借人の引越し前に、

プロパンガス会社には

エアコン交換をお願いした。

 

ガス会社は過当競争が激化し、

契約を維持・奪取するために、

エアコン・給湯器等の

アパート設備を無償貸与してくれる。

まるで低金利で顧客を

奪い合う銀行の世界だw

 

自腹ならエアコン交換7万円。

ただでさえ有難いのに、

私は更に悪いことを考えた。

 

自宅の給湯器・エアコンも

ガス契約を変えれば

無償貸与可能か?

 

本日ガス会社担当と

交渉した結果を報告する。

交渉は事前準備で決まる

交渉事は焦っては良くない。

何か他の用事のため、

自然と担当者と会うのだ。

こちらが交渉仕掛ける

素振りは直前まで見せない。

 

そして何気ない雑談をし、

終わり際に要望を差し込む!

向こうは何も準備なし。

 

急にブッ込まれて動揺。

こちらが主導権を握りつつ

交渉できるのだ。

 

相手の苦し紛れの返答にも

予め返しを考えておく。

交渉が成功するかは、

事前準備で勝敗は

決しているのだ。

 

交渉の結果は?

「そんなウンチクいらんから

早く結果教えろ!」

と読者の声が聞こえてきたw

 

まあ結果を言うと、

あっさりと「いいですよ」

と回答を頂いた。

 

相当難色を示すと

思ったのに意外である。

逆にこちらが動揺したwww

 

「ああ言えば上祐」並みに

押し問答を考えていたのに

表紙抜けであるwww

 

私「アパートなら6〜8部屋なので

規模のメリットありますが、

自宅1件とかでもい良いんですか??」

 

ガス屋「1件でも重要なんですよ。

全然やらしてもらいますよ」

 

そんなもんなの??

 

内容を詰める

完全に呆気に取られた私。

いや!もしかしたら、

無償貸与の部分が

聞こえてなかったのか?

 

私の要望は、給湯器と

エアコン無償貸与。

もう一度言うと。

 

ガス屋「いいですよ」

私「そうですよね。」

 「やっぱりそれは無理ですよね。」

 「・・・え?」

 

やっぱりいいんだ!?

給湯器だけでも10万円くらい。

あと自宅にはエアコンが5台ある。

すげー金額ジャン!と思ったが

流石に1台だけとのこと。

我ながらガッツキ過ぎた。反省。

 

衝撃の結末

意気揚々と自宅へ帰宅。

早速、両親に報告。

 

私「うちのガス契約を変えると

給湯器・エアコン1台無料で

新品にしてくれるってよ!」

 

母「あら?そんな良い話あるの?」

 

私「そうなんだよ!」

 「ところでうちは何処のプロパンだっけ?」

 

母「え?うちは数年前に都市ガスに変えたわよ?」

 

私「・・・・・・・」

 

 

Fin