とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

有名YouTuberが有益とは限らない

どうも。ベカンです。

 

私は1年近くVoicyに

慣れ親しんでいたが、

この頃YouTubeに

少し浮気している。

 

そして色々な

チャンネルを見ている内に

気付いたことがあるので

今日は紹介したいと思う。

有名なYouTuberは退屈

皆が騒ぐから見てみたが、

自分には合わないなぁ・・・。

こんな経験はないだろうか?

 

私がいつの間にか

みなくなってしまったチャンネルは・・・。

不動産関連なら「もふもふ不動産」もふ社長

税理士なら「大河内薫」さん

他にも沢山あるが割愛。

 

批判するために

チャンネル名を出したのではない。

実際、上記2つの動画は、

人によっては超有益である。

 

そしてこの2人は、

業界では間違えなくプロ層。

実力者であることに変わりない。

 

私が見なくなったのは

この方々が悪い訳ではない。

これは私自身の問題なのだ。

 

マス受け狙いの動画作り

より多くの人に動画を届けたい。

そうする時に何を意識するか?

 

興味を引くようなタイトルや

サムネイルを工夫することは

もちろんのことだが

よく使われる手法は、

 

・大衆の興味あることに特化

・内容を簡単にする

・何度も同じことを周知する

こんな感じだろうか?

 

どうしてもパンピー向けで

噛み砕いて分かりやすい

内容になりがちなのだ。

 

そのチャンネルを私が

見たらどうなるか?

 

私は銀行員で税務・財務知識は

そこそこあると思っている。

不動産・太陽光投資も

時価総額1億近く運営している。

 

 

なので求める動画は、

もっとコアな内容。

初心者向けの初歩の初歩

な内容は不要なのだ。

 

ニッチ層ではチャンネル登録は稼げない

ただ悲しいかな。

私の様なコアな人間は少なく

動画視聴者を増やすための

マーケティング的には

対象から外すべき層だ。

 

より簡単に!

より大衆向けに!

そんな動画作りが重要。

 

究極まで行くとヒカキン氏の

様な動画になるのだろう。

あれはどちらかというと

有益な情報を得るためでなく

エンターテイメントだが。

 

私の様な捻くれ者を狙うには、

チャンネル登録者数を

稼ぐ必要はない。

動画からもっとクローズドな

コミュニティーに誘導して、

課金させるような儲け方が良いだろう。

 

自分のレベルに合った動画を

例えば、ギターを学びたい人が

動画を探す時ならば、

各人の経験・技量によって

見る動画の内容は異なる。

 

・完全初心者(これから始める)

・初心者(少しかじった事あり)

・中級者(アマチュア)

・上級者(プロ級)

 

完全初心者の動画なら

ギターの選び方とか

アンプの繋ぎ方とか

コードを覚えようとか

そんな内容になる。

 

初歩的な内容を

上級者(もしくはそれ相当)

が丁寧に動画にする。

もっとマニアックな

情報発信したいだろうが。

 

動画を撮ってる本人も

正直退屈な内容だろう。

でもこの世には人数的には、

プロより初心者が圧倒的に多い

視聴数を稼ぎ広めるには、

やはり初心者を狙った方が効率的。

 

冒頭のもふ社長・大河内先生は、

その業界ではプロに近い存在。

相当レベルを落として動画撮影

しているに違いない。

親しみやすいくするため、

普段の会話調にしている。 

 

皆が良いと騒ぐ動画程、

玄人層には響かない。

当然のことなのだ。

 

だから自分のレベルに合った、

内容を配信をしている人を

探す必要がある。

 

チャンネル登録数や

視聴回数が少ないという

理由で動画を見ないのは勿体無い。

もしかしたら自分の力量や

フィーリングがマッチした

動画かもしれない。

 

読者の諸君も

そんな掘り出し物の動画を

探してみては如何だろうか?

 

ではでは/(^o^)\