とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光発電】やはりコロナ影響なし!太陽光投資の利点

今日も発電してますか?

こんにちは。ベカンです。

 

巷はコロナ騒動で話題持ちきり。

娯楽・レジャー関係は

自粛ムードで閑散としている。

サプライチェーンが崩壊して、

製造業系にも問題が出ている。

 

そんな中、恐縮だが、

不動産・太陽光投資家の

私は全くの無風。

むしろ、一昨日に、

アパート満室となり

ほっこりしている。

 

 【昨日の関連記事】

www.bekan13-investor.com 

 不動産と一括りにしても、

コロナ影響少ないのは居住用。

 

同じ様に太陽光発電系の投資も

全くの無風である。

 

今日は有事の際だからこそ

太陽光投資の魅力を

改めて考えてみる。

人間を相手にしない投資

太陽光投資の魅力として

あまり挙げられることがないが、

私が一番気に入っているのはこれ!

人間相手の商売でないこと!

 

皮肉にも「人」が絡むことが

多ければ多いビジネス程、

問題が発生する可能性が高くなる。

 

不動産投資が不労所得と思い

参入したのだが、やってみたら、

入居者とのトラブルに怯える日々。

入退去だってあるし収入安定しない。

 

太陽光ならば、相手は主に

「太陽」と「電力会社」

 

勿論、自然を相手にするので、

お天気のご機嫌次第で、

売電収入は減少するが、

コロナで太陽が自粛することはない。

そして電気の需要は無くならない。

 

固定買取制度の存在

これは太陽光投資を検討する人が

真っ先に考える利点。

 

政府のお墨付である

FIT制度で買取価格は固定。

20年間は収益は安定する。

 

残念ながら去年FIT14円を

最後にこの制度の新規受付は終了。

認定済の案件の争奪戦ではあるが。

 

やはり20年間も政府が

買取価格保証って凄いよ。

これが民間との契約だったら、

その企業が倒産・経営不振で

打ち切りもあるだろうが、

「政府」の後ろ盾はやはりデカイ。

 

税金面・銀行融資で有利

これは知る人ぞ知る内容。

まずは税制優遇。

①「先端設備等導入計画認定」

太陽光設備の固定資産税を

3年間無料(または半分)に

してくれる優遇がある。

www.bekan13-investor.com

 

次に銀行融資

②経営力向上化計画認定

公庫融資利率▲0.9%適用を受けれる。

私はこれで固定17年0.3%という

信じられないような融資を受けたw

www.bekan13-investor.com

 

③消費税還付

これは優遇でも何でもない。

不動産投資との比較で有利点だ。

不動産売上は消費税非課税の「家賃」

だからアパート買っても消費税還付不可。

※一部やり方はあるが詳細は省く

 

それに対して太陽光売上は

消費税課税対象の「売電収入」

だから設備に掛かった消費税分は、

還付申請が可能となるのだ!

 

私はR2/11月に野立太陽光を

設備費1,420万円かけて施工。

この10%にあたる142万円が、

今年還付される予定である。

 

事業開始時にイニシャルコストの

1割相当を手元に残せる強み。

消費税込みでフルローン組めば

全額手元に残るのだ。

次の投資の頭金にして良し!

有事の備えにしても良し!

www.bekan13-investor.com

消費税還付には注意点もある

こちらの記事も参照してくれ

www.bekan13-investor.com

 

太陽光で気を付けることは?

これはリアル資産すべてに

言えることなのだが、

一番ケアすべきは「天災」

 

太陽光なら特に「台風」

施工が甘かったり安物にすると

暴風でパネル・フェンスが飛ぶ。

また停電が発生すれば、

発電しても売電が出来ない。

 

そして全部一撃必殺の「地震」

南海トラフ地震が20年以内に

起こるかは不明だが・・・。

 

自然災害は運なので、

保険でケアするしかない。

 

他にも気を付けるべき点は

沢山あるのだが、

太陽光投資のメリットを

強調した記事なので

デメリットはまたの機会に。

 

ではでは(*・ω・)ノ