とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

暴落はイヤなので現金に極振したいと思います

こんばんわ。ベカンです。

本日の株式市場は大荒れ。

コロナ感染拡大を発端とする

経済活動停滞懸念が浮上。

 

株式市場開始前の日経平均先物は

1000円を超えるマイナス。

ポジションMAXの人は、

開幕ゲロビが命中するのを

ただ座して待つ気分であったろう。

 

世間が騒然としている中、

私は淡々と現金を積み上げる。

来たるべき超弩級の大暴落に備え・・・。

 

今日は暴落時の心構え、

株式相場の見通し

私の投資方針を伝える。

暴落時にまず伝えたこと

今日みたいな日には

決まってSNS上が騒がしくなる。

騒然とするTLを見るといつも思う。

「これはまだ序の口だよって」って

 

「日経平均が1000円下落!!」

と聞くとインパクト大きいが、

分母は23,000~24,000円だから

3~4%下がっただけのこと。

リーマンショックの時は、

日経平均7000円台だよ?

 

これで狼狽えるなら、

株式投資はやめた方がよい。

そういう人は明確な投資指針が

自分の中にないと予想するからだ。

謎のタイミングで狼狽売りして

損を増やすだけ。

 

自分の投資方針が

はっきりしてない人は、

預金や低リスク投信とかを

積立してマイルドに過ごそう。

 

いつ大暴落したっておかしくない相場

今回のコロナ騒動以外にも、

・アメリカとの貿易摩擦

・中国経済成長停滞

・中東情勢の悪化

・ドイツ銀行の懸念 etc

いくらでも暴落の火種が

燻っている状態なのだ。

 

あと私が一番恐れているのは

日銀テーパリングである。

 

日銀はデフレ脱却のため

物価上昇2%を目指し

国債・ETF等を兆単位で

買いまくっている。

 

市場の資金ジャブつかせ、

インフレに誘導中だ。

現状目標には達成していないが、

いずれは買入れを徐々に締めていく。

これがテーパリングだ。

 

その時のインパクトは測りしれない。

ETFは既に30兆近い金額だ。

日銀が買い支えるご祝儀相場。

これが一気に瓦解する。

 

それに大きな暴落は

10年周期でくるのが定説。

2008年リーマンショックより

既に12年近く経過している。

 

いつ大暴落が来ても

おかしくない状態と

個人的には思っている。

 

ドルコスト平均法の限界

毎月の給料から、

コツコツと投信・株式を買い

購入価格を平準化することで、

リスクヘッジをする手法。

 

つみたてNISAは勿論のこと、

高配当・優待株式投資家も

ドルコスト平均法寄りの投資だ。

基本的に途中の売却はしない。

 

仮に大暴落が起きても、

淡々と買い進めるため、

最終的には買値は平均化され、

配当金・分配金も含めて

最後は勝つ!というスキーム。

 

これは投資初心者には

相場に慣れる意味合いで

優れていると思うが、

スパンは10年単位と長く、

大きく勝つことも少ない。

 

個人的には全くもって

ツマラナイ投資方法だ。

 

最強は現金極振り

ここで私の投資方針だ。

上記で述べたように、

大暴落の可能性は充分ある。

 

ならば!

無駄にポジションを持つより、

決戦に備え現金極振りが一番!

 

「ベカンはちからを貯めている」

そして暴落時に会心の一撃を

繰り出すのだ!

 

 

着々とポジションを解消中。

既に高配当・優待目的の株は売却済。

つみたてNISAや積立投信は、

楽天SPU・ポイント稼ぎ分で

最低限に抑えている。

FX(高金利スワップ狙い)も、

±0になったら相殺したい。

 

持株会だけ解約が難しく

気掛りだがこれはしょうがない。

 

自分の投資方針に忠実に

今日のように暴落時に

右往左往しないように、

あらかじめ自分の投資方針を

決めておくことをオススメする。

 

暴落時のアクション

「如何なる時もドルコストを貫く」

「信じた高配当・優待株を買い増し」

「マイナス〇〇円で退却」

とか自分の折れない指針を決める。

 

今まで右肩上がりの

ご祝儀相場だったため、

何ともなかったが、

今後はそうも行かないぞ?

 

リーマン以降から始めた

投資家たちは特に注意だ。

暴落や損切に慣れていない。

方針ブレブレだと、

狼狽売りで損するに決まっている。

 

因みに私が投資を始めた当初は、

「ドルコスト強行型」の指針だった。

リーマン喰らって元本半分になったが、

「今が購入価格の平均を下げるチャンス!」と

粘り強く買い付けを続けた。

アベノミクスの波に乗れ、

最後は積立額の2倍程で着地できた。

 

でも現在はある程度の

まとまった投資資金もあるし、

「ドルコスト強行型」より

「暴落時一点集中型」の方が、

理に適っているとの判断だ。

 

まあ私がそれが良いと

思っているだけなので、

各人が自分の最適解を見つけて欲しい。

その方が損しても納得感があるし、

次に繋がる投資になる。

 

ではでは('ω')ノ