とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

知らないうちにリボ払いの計!クレジット新規申込に注意!

どうも!ベカンです

今日は返済せども元金が減らない

「リボ払い」の計略について話す。



リボ払いとは?

言わずと知れた悪魔の返済方法。

詳細は省く。知ってる前提で話す。

・・・が、少しだけ説明。

 

「返済額を先に決める」返済方法

借入額がいくらでも、

利率が何%だろうと、

定額返済5,000円!

と決めてしまう。

 

月の利息が1万円なら、

元金は減るどころか、

5,000円増えてしまうのだ!

何と恐ろしい商品!

 

この仕組みを知らない

金融リテラシー低い層は、

知らない内に借金だるま。

 

Debt stay night 〜借金 終わらない夜

の幕開けであるw

 

Yahooカード申込時にリボ説明なし!

冒頭ツイート主様は、

Yahooカード新規申込み。

 

そしたら毎月定額7000円の

リボ払いに設定されていたという。

そして申込の際に説明はなし。

いや〜ホントに悪どいな!

 

毎月入出金の確認する人だったら、

「あれ??今月クレカ7000円しか落ちないぞ??」

「確か5万円は使ったハズなのに・・・??」

とリボ払いの計略に気付く。

 

ただ全然収支を見ない

ズボラな人なら気付いたころには

借金漬けになっているだろう。

 

ファミマカードで同じ目にあった!

3年程前の話になるが、

私もコンビニで公共料金を

クレカ払いできる優れ物!

ファミマカードを申込した時、

全く同じ目に合っていた!

 

家計簿アプリ「マネーフォワード」と

ファミマカードを連携させるべく、

ネット会員登録をしたのだが、

返済方法設定を見たら仰天!

勝手にリボ払いになっていたのだ!

 

ネットで申し込んだから、

販売員の説明を受けてはいない。

多分、申込規約に目立たないよう

ち〜さく記載されていたのだろうよ。

悪意を感じる。ホントに。

 

リボ払いか確認する癖を!

リボ払いは、この低金利時代に

利息10%を超える超ドル箱商品。

クレカ会社が躍起になるのも分かる。

ただこんな卑怯なやり方で、

顧客を騙してもマイナスでしかないぞ!

 

とはいえ・・・。

世の流れとしては、

クレカの初期設定リボ払いが、

標準なのかもしれない。

 

さすれば!

クレカ申込したら

返済方法がリボ払いか

確認するしか手はない。

 

今後、クレカ作成する時は、

気を付けようと思う。

皆さんも自分のクレカを

一度確認されては如何だろうか?

己の知らぬところで、

個人信用情報にキズが付くかもだ!

ではでは/(^o^)\