とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産投資】アパート新築中に債務者死亡は辛い。

今日も社蓄してますか?

こんばんわ。ベカンです。

 

銀行で現在部署に赴任して4ヶ月。

未だに業務に慣れない日々が続く。

 

そして本日。

久々に精神ぽっきり逝く事案が発生。

定時に帰宅してから今までふて寝。

 

アパート債務者のお爺ちゃまが亡くなり、

その後の事後対応に奔走する話だ。

不動産所有する高齢者が親族に

いる人は参考になる事例だと思う。

ただ半分愚痴なので

苦手な人は読まないでくれw

アパート新築中に債務者死亡

某大手アパマンメーカーの案件。

アパート新築途中に、

債務者のお爺ちゃまが死亡。

こうなると銀行・顧客・業者の

利害関係者は全員大変なことになる。

 

【銀行サイド】

お爺ちゃま→事業承継者の相続人への

債務引受手続きを行う。

年に1回あれば多いこの手続きは、

勤続年数が長い行員でも困難を極める。

それでいて一切実績にならない仕事。

営業活動止まるので上から詰められる。

かつ悲しみに暮れるご親族に

慎重に対応しなければいけない。

 

【顧客サイド】

お爺ちゃまの葬儀等で大忙し。

49日迄は一切落ち着かない。

同時並行で親族集めて相続会議。

穏便に遺産分割を進める。

故人との別れにゆっくり浸る時間なし。

 

【業者】

相続手続きが完了しないと、

銀行融資が実行されない。

出来高分は早急に回収するよう、

営業担当が詰められる。

業者の財務内容次第では、

資金繰りに窮することも。

 

業務遅延でダブルパンチ

上記の通り、債務引受手続きは、

ベテラン行員でも大変な業務。

 

私の担当はローン新規のみで、

債務引受はタッチできない。

冷や冷やしながら見守るだけ。

非常に歯痒い!

 

今月中に債務引受を終わらせ、

融資実行しないといけないが、

債務引受の対応部署が、

後手に回っているようで、

ギリギリの日程でバトンを

受け取ることになった。

 

通常の工程では間に合わないので、

各部署へ至急扱いでお願いして回る。

無理矢理押し込むと普段必要ない

手続きも増えてしまい効率悪し。

今月中に融資実行・振込する約束を

違えれば業者から二度と案件は来ない。

書類不備の補完する猶予ないため

いつもより入念に準備をする。

 

他人のミスなのに

アンカーである私に

全責任が掛かっている気分。

 

期限間際に決裁を求める

部下を怒鳴りつける

上司の気分が今なら理解できる。

 

高齢者の不動産手続きはお早目に

ご高齢になると容態が

いつ急変するかわからない。

上記の例通り、やり掛けの状態で

亡くなると各関係者の負担が大きい。

故人も未練であろう。

 

非常にナイーブな問題のため、

口には出せないが、

ご高齢者が絡む不動産関係の

手続きは迅速に対応した方が良い。

 

違う案件の話だが、

所有者のお爺ちゃまが死亡し、

ようやく買い手が決まった

アパートの話が流れた。

 

また不動産に限らず、資産ある方は、

60歳過ぎたら相続対策をすべき。

年老いてからでは身体も動かんし、

判断能力も落ちる。

結局、何もしないまま

世を立たれる方が多い。

 

そんなことを思いながら

凹む一日であった。

ではでは/(^o^)\