とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光投資】何よりも重要!業者倒産リスクの再確認!

今日も元気に発電!

こんにちは!ベカンです。

 

Twitterでお知り合いになった方が、

大変な目にあっていらっしゃるとのこと。


私が太陽光融資で困ってる時に、

公庫融資を教えてくれた恩人。

既に太陽光5基もやられている。

 

施工業社が資金繰り困窮。

支払った資金が戻ってくるかも、

最後までちゃんと施工されるかも、

わからない状態とお見受けする。

 

私も他人事ではない。

この頃、業者破綻リスクを

あまり考えていなかった!

初心に戻るため記事にする。

 

倒産・破綻リスクが一番重要!

太陽光に限らずだが、

皆さんが投資をする際に

一番重要視することは何か?

 

利回り?

イニシャルコスト?

 

いやいや!

一番重要なのは、

破綻リスクだ!

 

どうしても投資判断の

基準として利回りや、

投資額を気にしてしまいがち。

 

でもその業者が

潰れてしまっては、

元も子もない。

 

投資額すべてが

無に帰す恐ろしい事態。

利回り1万%だろうが、

投資の意味を成さない。

 

よって一番ケアしなければ

いけないリスクの一つだ。

 

太陽光業社は破綻しやすい

固定買取制度が出来た当初は、

太陽光業社が乱立し、

大いに繁盛したことだろう。

 

だがしかし!

買取価格が下がりに下がり、

40円台だったのが今では14円

今年からはFIT自体が消滅。

 

世間の見方は、

「太陽光?もう儲からないでしょ?」

と言うムードになり明らかに下火。

 

案件も少なくなれば、

体力のない中小企業は

倒産してしまう。

 

ならば大手業社に任せれば?

となる訳だが、そうもいかない。

大手に頼めばイニシャルコストが

高く付くに決まっている。

 

私達零細・弱小投資家は、

自分の手を入れつつ地元業社で

なるべく安く済ませるしか他ない。

 

倒産の見極め方は?

私は銀行で融資管理を

担当していたことがある。

(いわゆる延滞回収業務)

 

なので業者破綻の

兆候については

少し鼻が効く訳だ。

 

資金繰りが大変な会社は、

契約金・着工金等の「前金』を

要求してくることが多い!

 

50kw太陽光設備は

せいぜい2000万円以内。

このぐらいの金額なら、

完成引き渡しの、

最終回一括払いだ。

 

初回に要求してくる金額が

少額なら形式的なものだろうが、

大きな金額の場合は注意だ!

十中八九、資金ショートか

資金体力が無さ過ぎる会社だ。

 

私がお願いしてる地元業社も

2機お願いしたがすべて

最終回一括払い。

だから信用している。

 

 

皆さんも気を付けてくれ!

私もその視点が頭から抜けていた。

自戒の念を込めて記事を書いた。

ではでは(*・ω・)ノ