とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産投資】クイズ!正方形の土地なら高いとは限らない?

不動産投資家の諸君!

どうも!ベカンです。

今日はちょっとした

クイズ形式にしてみたい。

 

とある不動産業者から

「不動産投資家ならわかるよね〜」

とニヤニヤしながら

出された問題を共有する。

 

因みに私は余裕で間違えたw

さあ皆さんはわかるかな〜??

是非答えを見ないで

考えてみてくれ。 

 

 

問題 

f:id:bekan13:20200124001846p:plain

上記4種類の土地がある。

Aだけ坪単価20万円の前提。

さて問題はここから。

 

残りのB・C・Dの坪単価は

一般的にAの坪単価より

①高くなるか?

②安くなるか?

 

単純計算をすれば、

坪単価がAと同じなら、

B:100坪×20万円=2000万円

C:200坪×20万円=4000万円

D:150坪×20万円=3000万円

・・・となるのだが。

坪単価が違えば、

売却額がブレる。

 

ざっくりした質問だった。

前提条件が少な過ぎるし、

不動産は相対取引だから、

値段は個々に違う。

 

だから正確はないが、

「一般的に」どうか?

一番可能性が高い仮説を

説明する問題である。

 

さあ不動産屋になった

気持ちで考えてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

答え

まず可能性が高いのは、

個人住宅用地としての販売だ。

「事業用だってあるかもジャン!」

と思う方もいるだろう。

 

でも不動産屋が「一般的に」

考えるのなら、絶対数が多い、

個人向けに売るだろう。

 

そして分譲地にするなら

下記図のように区切るだろう。

f:id:bekan13:20200124002239p:plain

A土地は1000万円だった。
都市部は除いて地方では、

土地に充当できる金額は、

1000〜1500万円程と推察。

 

B・C・Dは1人で買うには

大きいので分筆して売るのだ。

 

【Bの場合】

接道に対して垂直に割ると、

細長い土地になり不便。

なので旗竿地と長方形にする。

Aと比べてどちらの土地も、

良い形とは言えない。

よってAより坪単価が安くなる。

 

【Cの場合】

この土地を程良くするには、

真ん中に位置指定道路を通し、

4分割で売る必要あり。

 

位置指定となれば私道。

この4つの土地購入者が、

道を共同所有することが多い。

 

位置指定は公道と異なり、

道路の管理・保全を

自分達でやる必要あり。

更に何かするにも、

共有者全員の許可が

必要だったりと大変。

 

よってAより坪単価が

安くなるとの見通しだ。

 

【Dの場合】

細長い土地なので、

安くなるのかと思いきや。

あら不思議!

 

縦に4当分すれば、

Aと同じ様な正方形の

お手頃な土地になる!

なのでAと同じくらいの

坪単価で売れるだろう。

 

実際は色々なケースあり

冒頭でも言ったが、

不動産は相対取引で

値段が相場より大きく

ズレることもある。

 

分譲地販売が

前提の答えだったが。

もちろん事業用として

売れる可能性もある。

 

もしかしたら、

B・C合わせて300坪買い、

コンビニが出来るかも?

そしたら逆にAの坪単価より

高くなるかもしれない。

 

ただこの問題で、

不動産屋がどんなことを

考えて土地を見ているか、

垣間見えた気はしないか?

 

参考にしてくれ。

ではでは(*・ω・)ノ