とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

消費税のためにテイクアウトってアホかよw

どうも!ベカンです。

先日Twitterランドで、

思わずリツイートした

文章があった。

 

 

消費税増税を意識しすぎて

意味不明な行動を取っている。

明らかに過剰反応。

 

個人的にはオススメしない行為。

今日はそのことについて

説明していこうと思う。

テイクアウトで迷惑行為

冒頭ツイートの内容は、

コンビニのイートインに、

誰も居なくてラッキー!

という内容だ。

 

消費税を気にして

テイクアウトする人が

多いとのこと。

 

そして家で食べるのか?

と思ったらこんな回答が・・・。

 

 

駐車場を占拠され、

コンビニ側も迷惑!

 

そこまでして消費税を

ケチりたいのか?w

 

そもそも数十円の違い

よく考えてみて欲しい。

コンビニで買う金額は

多くて1,000円程ではないか?

テイクアウトで2%減税されても、

節約できるお金はたったの20円!

 

「20円も大事だよ!」

 

と読者の心の声が聞こえるが、

それは矛盾してるぞ?

 

20円を大事にする倹約家は、

メチャ割高のコンビニで

買物をしないのだよw

 

私にも病的な倹約時期があったが、

自ら進んでコンビニに行かなかった。

ドンキと激安スーパーで買う。

 

同じものが下手したら

コンビニの半額で売ってる。

 

無駄な脳内キャパ・時間を食う

不動産・太陽光投資のために、

私にも資産形成期があり、

常人が引くレベルの貧乏生活を

していたことがある。

 

「あっちのスーパーが安い!」

「こっちのガソリンスタンドが安い!」

「株主優待で夕飯ダダ!」

「ティッシュでなく雑巾!」

「格安携帯で固定費削減!」

「家賃は狭小1K25,000円!」

「おつとめ品しか買わん!」

 

このツライ時期があったから、

自己資金も出来たし、

大抵の娯楽は楽しく、

何を食べても美味しいw

 

でも代わりに失ったものも大きい。

20~30代の若く一番体が動く時の

貴重な時間を費やしたことだ。

また節約・倹約は頭を使うので、

脳内キャパの大部分を占めていた。

もっと違うことをしていれば、

違う人生もあったのではないか?

 

節約もやり過ぎ禁物!

私の倹約期の年収は確か600万円程。

そして年間支出は200万円程度に抑えた。

300~400万円は蓄財できたものの、

ストレスマッハ!数年で限界が来た。

 

それだったら適度に消費生活も楽しみ、

ストレスフリーで仕事に臨み、

出世・給料アップを狙った方が

早かったかも?と思う今日この頃。

 

同期で一番出世頭と、

年収を比較すると、

30代半ばになれば、

下手したら倍違う。

 

なので、費用対効果を考え

行動するようになったのだ。

 

各種クレカ・ペイの一時的な

ポイント合戦に気を揉まない。

楽天カード・ペイ・エディだけで

頭も時間も使わず充分お得!

 

ドンキでまとめて買い物するだけで

食費・生活費が相当抑えられる。

過去に記事にしたので

そちらを参照してくれ。

www.bekan13-investor.com

このブログを読んでる読者層なら、

多少の節約に腐心するより、

もっとやることがある筈だ!

 

不動産・太陽光投資の吟味や、

各種税制優遇の利用を考えた方が、

数百万円の違いが出てくる。

 

費用対効果を考えて行動しよう。

ではでは ('ω')ノ