とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

私の断捨離④〜セカンドストリート2回目

どうも!ベカンです。

今日も実家の不用品を

セカンドストリートに持込む。

 

そんな私を見てか、

他の家族も片付け始め、

一緒に持っていくことに。

 

「えっ!?こんなモノまで?」

と異様な買取力を見せつけてくれた。

今回で2回目だが大いに期待。

 

前回で学んだことは、

・家電製品は製造10年以内しかダメ

・ハイブランド以外の衣類はタダ同然

 ・家具は年数より綺麗さ重視(感覚値

※詳細は下に貼った過去記事参照願う

 

今回買取依頼でも

新たな買取基準が判明。

私と同じく断捨離のため

持込み検討されている方向けに

紹介しようと思う。

前回持込物品が店先に・・・

まず前回買い取ってもらったモノが

早速店先に並んでいた。

詳細は過去記事を参照してくれ。

【一回目のセカスト記事】

www.bekan13-investor.com

 

買ってから1年の食器棚3段

当時のお値段5800円程。

セカスト買取価格800円

少し傷があるくらいで美品。

 

さあ、店頭価格はいくらだったか!

ドコドコドコドコドコドコ(ドラムロール

 

ジャカジャン!!

3,900円!!

 

結構、いい値段するジャン!

何故か少し嬉しいw 

 

ビジネスモデルが浮き彫りに!

あれだけ美品なら即売れるだろう。

セカスト側は3,100円利益!

相当利益率は高い。

何せ仕入値は2割で、商品自体は、

顧客が勝手にに持ってくるときた。

 

もちろん他のしょうもないモノまで

同時に買取するが価格1〜30円とタダに近い。

それを含めても仕入減価は3〜4割程度。

 

商品鑑定を相当省略化していて効率良し。

状態悪いモノは全部1円。

後で殆どの商品を処分していると推測。

 

何でも買取る姿勢でエサを巻く。

顧客にモノを持ち込ませて、

稀にある良い商品だけ店頭に並べる。

う〜む。なかなかの戦略でないか!!

まんまと私も術中にハマったぞ!

 

ここで持込客は買取鑑定時間に、

店内を徘徊して商品が欲しくなる。

買取で得たお金をそこで使ってしまう。

う〜む!これまたスゴイ!

 

私はその誘惑に勝つため、

待ち時間は、外で他の用事を済ます。

断捨離しに来たのに、

またモノが増えては本末転倒!

セカストの見事な策略に

皆さんもお気を付けて。

 

本題の買取について(惨敗!!

初っ端から話がOB

大題を+2打も使ったw

 

今回の買取依頼物品の

メインは「食器」

すべて使用品で新品なし。

 

その他のモノは

・携帯(I phone SE)

・PSP(古のポータブルゲーム機w)

・謎のクッション(小さく丸い。使い所不明w)

・爺ちゃんのスーツ(内側に名字刺繍あり)

・その他沢山の衣類

 

結果から言うと惨敗!

新たな買取基準が明らかに。

それでは順番に説明する。

 

①食器は新品のみ!

 なにぃぃぃ!!!

これは大きな誤算だった!!

店頭に古い食器が沢山あったので、

当然使用品でもokかと思ってた。

婆ちゃんが生前使っていた食器の数々。

もれなく全部返品であるwww

 

1回目の時に、結婚式の引き出物である

ペアカップを2組売れたのも楽観視の原因。

新品判断は箱に入っているかだそうだ。

引き出物ペアカップは立派な包装があり、

新品判定を受けていたのであった。

 

なので美品であれば、綺麗に洗った後、

元の箱・入れ物に戻して、

買取依頼すれば・ゲフンゲフン!

 

②携帯はSIMフリーは買取不可!

なにぃぃぃ!!!!(2回目

キャリアしかダメだとか意味ワカメ!

SIMフリーの方が上位互換だろうに!

これは本当に謎基準である。

セカストの親玉であるゲオでも

同じ理由で拒否されたことを思い出したぞ!

主要都市にあるゲオモバイルとやらなら

買取が可能かも?と店員から情報を得た。

何かのついでに持っていくか・・・。

 

あとゲーム機類の買取は

親会社のゲオがやってるので、

セカストでは買い取ってくれない。

よってPSPも返却である。

 

③クッションは包装未開封品のみ

ぬわぁぁぁぁ!!!(パパス風に

もう親会社のゲオがゲマに見えてきた!!!

激おこプンプン丸である。

 

売ろうとした謎クッションは、

貰った当初から包んであった

ビニール袋に入っていた。

ただ1度だけ開けてモノを確認したのだが、

布団やクッションのような、

肌に触れるものは衛生上の観点より

未開封新品のモノのみとなっている。

 

④スーツは名前刺繍NG

じっちゃんの名に懸けて売ろうとしたが失敗w

生前、1度しか着なかった立派なスーツ。

上着の内側に名字刺繍があるだけでダメ!

刺繍を取ってしまえば良かったかな?

1円でも良いなら買取は可能なそうだ。

買取後、間違えなく処分コースなのだろうw

 

多分10万円近くしたスーツだ。

勿体無いので父が着ると言い出し

返却してもらうことにした。

年配寄りの独特な色味であり、

相当癖があるスーツだが、

果たして着こなせるか?親父!w

 

捨てる罪悪感の軽減に

何かのテレビ番組で見たが、

メルカリ利用者の一定層が、

収支ゼロで売却しているとのこと。

 

「使ってくれる人がいるなら・・・」

とボランティアに近い状態。

 

確かに、断捨離とはいえ、

まだ使える物を捨てるのは心が痛む。

誰かに引き取ってもらえば、

その罪悪感も幾分か和らぐであろう。

メルカリ側も売買手数料で儲かる。

新たなニーズにマッチしたビジネスモデル。

 

まあその先駆けともいえる、

ジモティーの存在もあるのだが・・・。

 

セカストの利用も同じように、

罪悪感の軽減程度に利用することを勧める。

2回も不用品を大量に持ち込んだ結果、

買取価格は総額3000円程度だったw

私の人件費・ガソリン代を考えれば、

利益は無かったも同然。

 

セカストで返品された品の数々。

特に10年超の家電君や食器を

どう処分するか?

他のリサイクルショップに聞き

ダメならお金を出して処分しよう。

 

ではでは (*・ω・)ノ