とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

資格取得は意味なし!実務がすべて!

どうも!ベカンです。

今日は私に頻繁にくる質問に回答しよう。

 

「不動産投資に宅建は必要ですか?」

「FPは取っておいた方が良いですか?」

 

資格取得するべきか?

そういう内容だ。

 

結論から申し上げると

まったくもって不要だ!

 

因みに私は「宅建」「FP1級」ホルダー。

生保・投信・デリバティブ販売員の免許。

また銀行業務検定は財務・税務・法務2級を取得。

※何故か1級自体がないので最難易度の資格

 

実際に資格取得した

人間が言うのだから、

本日の記事内容も

信憑性が高まるというものだ。

それでは説明していこう。

 

資格取得が不要な理由

①実務に生きない知識

資格の種類にもよるが、

酷いものだと9割以上使えない知識。

あるいは索引すれば

すぐにわかる無駄な暗記問題。

 

宅建なんかはそうだった。

私は不動産投資家だが、

宅建で学んだ知識の大半は無駄だった。

使ったのは「抵当権・根抵当権」

「都市計画法」ぐらいだろう。


宅建取得のために、頑張って覚えた

民法を使う機会があるか?

不動産業として独立しない者が、

宅建業法を知ってて何か役にたったか?

ほとんどいらない知識だろ?

 

私は銀行員だから、

不動産関連の知識は必要だ。

でも銀行員の大半は、

宅建なぞ持ってなくても

実務をこなしてる。

自分の経験から覚えたことこそ

本当の生きた知識なのだ。

 

②記憶に残らない

これは前項に繋がることだが、

実務上、活かせない知識ばかり

詰め込むので当然忘れるのも早い。

 

私ベカンは自己啓発中は、

年金計算・相続税試算

中小株式評価額算定

確定申告・法人決算計算

本当に何でも出来た。

 

だが普段使わないければ、

すべて忘却の彼方である。

今ではお恥ずかしいながら、

全部できなくなっていたw

 

他の人にも共感が得れる

わかりやすい例だと、

日本教育全般がそうだ。

高校・大学あたりでは、

みな相当勉強したと思うが、

何かまともに覚えているものはあるか?

9割以上忘れているだろう?

 

私はセンター試験で

国語・英語・日本史で

点数8割を取った。

特に古文・漢文・日本史は満点。

でもどうだ?本当に何も覚えてないw

 

③時間の浪費

学生時代には人生でも貴重な時期なのに、

社会に出ても全く役に立たないことを

一生懸命詰め込んだのだ。

 

銀行に入ってからは、

人事や上司に言われるがまま、

資格取得に勤しんできた。

 

人生の大半を勉強に費やした。

だがその結果どうだったろう?

何か少しでも良いことが

あっただろうか?非常に怪しい。

 

大半が無駄な知識で

すぐに忘れてしまう。

そんなことに時間を掛けるのは、

本当に勿体無いことだ。

正に時間の無駄である。

 

実務が最高の自己啓発!

自分の身をもって知った知識・経験に

勝るものはないと自負している。

 

宅建持ってても、

建蔽率・容積率の計算や

謄本の読み方がわからない奴がいる。

 

私は顧客の工場用地を探す際に、

用途区分や建蔽率・容積率の計算を覚えたし、

謄本の読み方は、住宅ローン新築・借換の際に、

色々なパターンを見て学んだ。

 

勉学では超エリートな東大生が、

社会に出てまったく役に立たない現象が、

これで説明できる。

机上のお勉強と、実体験では100倍違う。

「百聞は一見にしかず」とは

よく言ったものだ!

 

仕事でも人に聞いたり、

やってもらった業務より、

悪戦苦闘しながら、何とか独力で

仕上げた仕事の方が記憶に残るだろ?

それが成功でも失敗でもだ。

 

今日読者の諸君に伝えたいことは、

資格試験なんかに時間を使うより、

実務をこなし体で覚えていく方が、

自分のためになるということだ。

その方が目標に早く辿りつける。

 

サッカーのプレイの仕方を

1万時間見た人間と、

ボールを1万回蹴った人間とでは、

どちらが早く上達するか?

当然後者だろう?

 

人生トライ&エラー!

行動あるのみである!

 

あと今日は資格取得の無意味さを

散々語ってしまったが、

また後日、ぼちぼち役に立っている

資格でも紹介するとしよう。

 

ではでは(*・ω・)ノ