とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

全銀行員に告ぐ。キャリアは3店舗で見切りを付けろ!

どうも!ベカンです。

私は地方銀行員。

今日は地銀人事異動について

話したいと思う。

 

何故こんな話をするのか?

私は過去最高成績を上げ評価され、

念願の地域旗艦店に異動。

優秀な人材が集結する店舗で、

人事的にも期待されているのが分かる。

 

その時思った。

私は相当運が良かったと。

 

通常は3店舗目までに、

地域の大型店に来れなければ、

相当の努力をしても、

まともなキャリアを築くことが

できないからだ。

その理由について説明しよう。

 

銀行員人生は店舗でほぼ決まる

何故、3店舗目までに見切りを付けるか?

最大の理由がこれである。

配属店舗によってキャリアが

ほぼ決定してしまう。

そこから這い上がることは相当困難。

 

これまで自分は、

経営陣から期待されてない店舗

ばかりを渡り歩いてきた。

所謂「左遷コース」である。

 

一度、大きな失敗を犯したからだ。

銀行は減点評価。

その失態は相当期間、人事評価に響く。

「数年間はまともな評価が貰えると思うな!」

こう上司から言われた。

 

今回の大型店舗への異動も

自分の中では奇跡に近い。

 

もし3店舗目までに、

まともな支店・部署に

配属されなかったら、

思い切って辞める選択肢が出てくる。

以下理由を述べていく。

 

①営業成績が上がらない

田舎の小さな店舗に配属されると、

取引先も小さい。景気の良い話はない。

資金需要なく融資が売れない。

富裕層も少ないので、

資産運用も提案できない。

その割には結構なノルマ。

 

毎期、目標は達成できず

人事評価が低下し、

また残念な異動を命じられる。

負のスパイラルに陥る訳だ。

 

②人材が酷い

・単純に使えない人

・定年間近でやるきのない人

・制約のある人(病気や産休で時短等)

 

平均年齢は50歳超。

30代の私が若手扱いのため、

雑用・力仕事は全部こちらにw

その人達から学ぶことも少ないし、

こちらに仕事のシワ寄せがくる。

 

後述するがパートさんや

産休明けの女性行員は、

その限りではなかった。

 

あと小型店は、新人支店長が多く、

やる気に満ちあるれているので、

いい人引くと運が良い。

 

③営業環境が整っていない

前任店でのノルマは「ローン獲得」

本来ローン営業に全力投入すべきだが、

しょぼい支店だとそうもいかない。

 

ローン以外の私の業務は・・・

・預金窓口対応、ロビー・ATM案内

・外国仕向・被仕向、両替、外貨預金

・投資信託買付・売却、その他保険等

・融資事務全般(伝票起票・郵送等)

・既存ローン先のメンテ

・年金担保貸付、小規模企業・倒産防止共済

・粗品・伝票・パンフ補充管理 etc

これ以外にもまだあるぞ!

 

大店なら若い事務の女の子達が、

やってくれるような仕事ばかり。

まともな営業など出来ない。

 

ついでに仕事が出来ない行員の

仕事のシワ寄せもカバーすることを

忘れてはいけないw

 

なぜ私は這い上がれたか?

本当に奇跡が重なった。

【営業面】

これまでの担当者が、

まともに営業やってなかったので、

開拓し放題だったこと。

 

通常は、案件が少ない地域に、

前任者が普通の営業をするだけで、

ぺんぺん草も生えない状態になる。

 

やる気のない前任者揃いだったので、

その地域にしては案件が残っており、

それを美味しく収穫した訳だw

 

【人材面】

先に述べたように、

行員はどうしよもないが、

パート、産休明け女性、支店長は

その限りではなかった。

 

支店長と産休明け女性が、

超ウルトラ一級品の人材だった。

その人達はやはり出世して

大型店舗に配属になっている。

 

またパートさんも運良く、

仕事が出来る人が多かった。

元々優秀な銀行員だった人が、

子育て終わりパート復帰していたのだ。

 

勿論、自分の努力もあるが、

環境に恵まれた支店だった訳だ。

 

どんな店舗でも自分次第?

配属店舗の重要性を説明してきた。

だがしかし!

結局は自分次第なところもある。

 

例えが、新入行員で配属店が、

本店営業部だった超エリートコースの人が、

サラリーマンとしては使えなく、

都落ちしていく様を見かける。

 

大体こういう人間は、

2店舗目に一つ下の地域母店に行き、

そこでもダメなら左遷コースへ。

 

やはり3店舗目までに

決着は付いている。

結局、実力なければ、

どんな店舗にいてもダメなのであるw

適正がないので早々に辞めよう。

 

それか頭が良い人なら

「スペシャリスト」を目指し、

本部の専門部署を志願するのも

いい選択肢かもしれない。

営業ができなくても、

銀行で生きていく術である。

 

今日はこんなところで。

ではでは (*・ω・)ノ