とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

当方銀行員。新築アパート融資を下さいw

どうも!ベカンです。

銀行旗艦店に異動して早3日。

赴任手続きも終了。

怒涛の営業活動が始まった。

 

全くゼロから営業して、

大きな目標をクリアするには、

どうしたらいいか??

ここ数日考えたことを記録しておく。

自分の業務について

ローン先端者。

住宅・マンション・アパート。

何でもいいのでローン獲得が役目。

目標は大体7〜8億くらい(え?www

 

ただ前の支店では好調過ぎて、

ド田舎の小規模店でありながら、

5〜7億くらい住宅ローンを

地元業者様から紹介して頂けた。

 

大店で営業特化できる環境なら、

経営陣からすれば10億以上は、

私に期待していることだろう。

 

あと恐ろしいことに、

諸先輩方が担当してる

大手ハウスメーカーは抜き。

将棋で飛車角落ちの戦いだw

未開拓の大手か?地場工務店か?

新規開拓を迫られている。

これがざっくりした私の任務。

 

これを達成するために、

それなりに戦略を持って臨む必要あり。

私の少ない知恵を絞り

考え出したのが以下3つ。

 

①自分と付き合う利点を強調

相手も鋭利目的。

ウチの銀行と付き合うと、

便利になる、利益があると

思わせるだけの「何か」を示す。

 

例えば、審査が早いとか、

音速の速さで駆けつけるとか、

レート等の条件面が良いとか。

 

条件面は銀行本体のグリップ次第。

強調するとダメだった時は危険。

自分で何とかできる部分は「早さ」

審査スピードと機動力・俊敏性を

押して営業しようと思う。

 

②地縁血縁何でも使う

「初めまして!こんにちわ!

ローンのお客さん紹介して下さい!」

 

「よし!わかった!紹介しよう!」

 

・・・こんな虫のいい話はない。

上手くいかないのは明白だろう。

 

生憎、勤務地は生まれ育った地元。

父も地元で長く商売しており、

商工会等の組織に加盟。

老舗であり名前が通っている。

父の名前を使い入り込む。

 

もしくは、同級生や知人友人が

勤めている(経営している)業者に

営業を掛ける。何十年振りの再会だがw

 

③顧客紹介か自ら顧客に

相手がこっちを無視できない

状態を作り上げる。

1番手取り早いのは顧客紹介だ。

家1棟の新築を紹介すれば、

大手担当なら1件は返してくる。

それがビジネスマンの作法だ。

ダメ担当なら別だがw

 

紹介する顧客がいないなら、

自分が顧客になる方法も。

これは一種の自爆なので、

個人的には絶対避けたい。

 

新規開拓はツライ作業

大体ウチの銀行と付き合いない業者は、

過去に当行が何かやらかしたかケースが多い。

古い話過ぎてデータに残ってないので、

突撃訪問すると藪蛇だったりする。

 

そんなリスクを回避しつつ、

新規開拓をしてゼロから関係を築く。

結構、難易度高くね?w

 

それでも私はサラリーマン。

経営陣の期待に沿う行動を取り、

実績を上げなければならない。

 

セミリタイア目指すには、

本当は自分の能力を隠し、

大役を担わないのが1番だが、

全く逆方向に進んでしまったw

 

しかも自分の能力は普通程度。

前の支店では偶然に恵まれただけだ。

いや〜困ったw

 

当分社畜ブログになるなwこれw

アパート新築したい人は声掛けてね!

エリア内だったら頑張るよ!w

私の勤務先がバレるので、

エリアは言えないが。

内緒でDM返すなり考えます。

 

ではでは (*・ω・)ノ