とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光発電】工業会の証明書は後付け可能!!

どうも!ベカンです。

先日、業者が太陽光パワコンの

工業会の証明書を失念!

 

先端設備認定が受けれない可能性あり!

償却資産税3年間ゼロ計画が水の泡!

そんな記事を書いた。

www.bekan13-investor.com

 

ここでTwitterランドの皆さんから、

有益な情報をゲット!

これだからSNSは止められね~!

ブログを読んで私の勘違いを

指摘してくれるなんて!

 

手数料を何十万も取る

似非コンサルより断然優秀!

内容を要約する。

証明書は後付けサクサク!

私の勘違いとは?

先端設備等導入計画は、

太陽光設置が完了する前に、

認定を受けなければならない。

 

認定に必須書類である

工業会の証明書は、後追いで提出可。

 

ここまでは正解。

そして私の間違いは・・・。

 

追加送付する証明書も、

太陽光設置前までが期限。

 

これが違った。

では実際は何時までが期限か?

 

取得の翌年1月1日までが期限

既に太陽光設置工事が

着工しており竣工10月末。

 

パワコンの証明書が

それまでにないと

いけないと思っていた訳だ!

 

でも実際は違って、

翌年1月1日までに

提出すればよいとのこと。

いや~本当に助かった!

 

SNS情報と少し相違

冒頭に添付したツイート主が言うには、

「翌年1月末までに証明書が手元にあればよい」

 

ただ政府HPの手引きでは、

 賦課期日1月1日までに提出

 

固定資産税(償却資産税)は、

1月1日時点の所有者について課税。

なので期日が1月1日なのだろう。

 

自称専門家の方からSNSで

助言いただいた情報と

期日が少しズレている。

実務上は1月末までよいのかも?

こういうことは頻繁にある話。

 

どちらにしても、

パワコン証明書は10月初旬に

発行依頼をかけたので、

年内には間に合うだろう。

 

こういう時は、大事をとって

1月1日を期日と考え行動するのが吉!

 

SNS情報発信の魔法

自分が情報発信すると、

逆に有益な情報が集まってくる法則 

今回は特にそう思った!

 

教えてくれたお二方!

本当にありがとう!

 

因みにこの情報主様とは、

まったく違う話題を

Twitter上で話していた。

確か失業保険の話か?

 

私に興味を持ってくれたのか、

ブログを読んでいただいた。

そして情報主様がたまたま

先端設備認定に精通していて、

私の間違いを教えてくれた訳だ。

 

お金も払ってないし、

頼んでもいないのにw

こんな素晴らしいことが、

SNS上では頻繁に起きる。

 

今後も私も彼らを見習って、

SNS上で読者のお役に立つ情報を

バシバシ発信しようと改めて思った。

 

ではでは ('ω')ノ

 

 

 

【関連記事もどうぞ】

www.bekan13-investor.com

www.bekan13-investor.com

www.bekan13-investor.com