とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光発電】喫茶店売買~その②

どうも!ベカンです。

9/9地元喫茶店にて夜な夜な売買。

太陽光用地の売買契約締結!

 【関連記事】

www.bekan13-investor.com

 

本件野立太陽光計画の経緯はこちら

www.bekan13-investor.com

 

本日、司法書士の手によって、

正式に私の名義となったのでご報告致す。

太陽光用地売買の一連の流れ

①司法書士による謄本確認

まずは所有権移転前に、

司法書士により不動産謄本閲覧。

これにより問題がないか確認。

例えば・・・。

・既に他人に所有権が移ってないか?

・抵当権等の権利が付いていないか?

こんなところだろう。

 

売主が私以外の他人(A氏とする)

とも売買契約を締結。

両者から代金を貰いトンズラ。

A氏が善意の取得者であった場合は、

売主に詐欺・条件不履行を訴えるしかない。

が!大体確信犯なので逃げる準備は周到だ。

 

先順位の抵当権等を設定されていても、

その権利者が善意であれば同じこと。

こんなトラブル回避のために

謄本を確認してから所有権移転する。

 

②売買代金の振込

私は本日、昼出社のため、

自宅でコーヒーを啜りながら、

ゆるりと待っていた。

 

程なくして、司法書士から

問題ない旨の確認連絡あり。

住信SBIネット銀行より振込。

・土地代金    109万円

・仲介手数料  58,860円

・司法書士報酬 60,000円

 

SBIの会員ステージ2

よって振込手数料は3回無料!

振込上限1000万円まで!

楽天銀行含めネット銀行は最高だ!

心の底からオススメ。

 

③所有権移転登記

司法書士が売主口座に着金確認。

売主からの許可が降りて、

所有権移転登記を行う。

 

午前10時に振込。

所有権移転完了の連絡が、

13時頃だったのを鑑みると、

着金には2時間程だろうか?

 

他行振込はやはり午前中が一番。

下手したら着金が遅れて、

当日の所有権移転が間に合わない

可能性だってある。

送金操作ミスで再送金する場合も

午前中の内なら間に合うやも。

 

④司法書士のうっかりミス

これは余談だが、

売買の際に司法書士に、

何度も必要書類を確認するも、

不足書類があったもの。

それは私の住民票。

 

私は銀行の住宅ローン担当。

所有権移転に住民票が必要な

ことは勿論知っていた。

 

てっきり司法書士の職権で

取得してたのかと思ってたが、

忘れていたとのことw

 

司法書士は移転登記を

事務所から電子申請して、

正式な書類は後日郵送するが、

どうもその時までに

住民票があればよいとのこと。

無くてもできてしまうのか?w

少し勉強になった。

 

立ち合いなし売買は慎重に

売買を簡素化した理由

今回のようなケースは普通でない。

一般的には銀行応接等で、

関係者一同集結して売買するもの。

喫茶店で売買した理由としては・・・。

・各関係者の信用があった

・私が平日時間が取れなかった

・売買する不動産が少額だった。

こんな理由だ。

 

売主は知らない農家だったが、

仲介・司法書士ともに

地元で長く仕事をしている。

私も知っている人達だった。

 

私も銀行業務が9月末で慌ただしく、

平日休みを取りずらい。

価格109万円と仰々しく売買する程でもなく、

止む無く簡素化したもの。

 

充分に警戒を

今回は109万円と少額だったが、

大きな金額の場合は無理にでも

銀行応接で売買した方がよい。

 

少額だと地面師のような

騙そうとする人は現れない。

売買価格が高い程リスクが増す。

 

売主や仲介が詐欺集団やもしれない。

売買に立ち会えば、挙動不審な点を見つけ

途中で気付けるかもしれない。

 

まあ私達が売買する程度の金額では、

こういう話は少ない。

10~100億単位の場合だろう。

ただ油断は禁物である。

常に売買には気を張って臨もう。

 

ではでは ('ω')ノ