とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光投資】自給30万円のお仕事

どうも!ベカンです。

野立太陽光の公庫融資が決まり、

一気に忙しくなった今日この頃。

詳細は過去記事

www.bekan13-investor.com

 

太陽光投資で「とある事」をしたら、

何と5時間で150万円費用が浮いた。

自給に直すと30万円である!

 

※家帰って計算したら総額150万円・自給換算30万円でしたw

 

それも誰でも比較的簡単に出来てしまう。

「知ってるか」「知らないか」の違い。

そんな理不尽な世界を紹介しよう。

①自給23万円~経営力向上化計画

経営力向上化計画について

まずは一番効率が良かったお仕事。

「経営力向上化計画の策定」だ!

計画認定を受けると税制優遇・金融支援が受けれる。

太陽光投資に使えるのは現在「金融支援」のみ。

公庫融資の▲0.90%優遇だ!

 

【詳細は中小企業庁HP】

中小企業庁:経営サポート「経営強化法による支援」

 

費用削減効果113万円

通常金利1.18% - 0.90% = 0.28%

下限レート0.30%なので下限適用。

 

融資1500万円 元金均等 固定17年

金利1.18% → 利息151万円

金利0.30% → 利息 38万円

差額        113万円!!

 

自給換算23万円

113万円 ÷ 5時間 ≒ 23万円

 

 【関連記事】

www.bekan13-investor.com

②自給7万円~先進設備導入計画

先端設備導入計画について

最先端の設備導入をすることで、

労働生産性が3年間で9%向上すればOK。

各市町村によって取扱いが違うが

導入設備の償却資産税3年間タダになる。

太陽光投資は本来の趣旨から外れるので、

テクニックが少し必要だが・・・。

 

【詳細は中小企業庁HP】

中小企業庁:経営サポート「生産性向上特別措置法による支援」

 

費用削減効果37万円

太陽光設備の3年間償却資産税

合計36万円 ⇒ 全額免除!

 

自給換算7万円

36万円 ÷ 5時間 ≒ 7万円

 

【関連記事】

www.bekan13-investor.com

www.bekan13-investor.com

時間を掛ければ誰でもできる

私は銀行員。稟議書を書くのになれている。

経営力向上化・先端設備導入計画等の制度も

業務上知っている(顧客の分を一緒に作ったw)

だから5時間で簡単に出来てしまった訳だ。

他の人にはマネできないかもw

 

でも20~30時間くらい掛ければできると思う。

自給換算:150万円 ÷ 30時間 = 5万円

これでも十分でないか?

150時間(一週間程)掛っても自給1万円だ!

 

計画策定を代行してもらう

 

Twitter情報では15万円程で

計画策定を代行してくれるとな!?

 

経営力向上化  + 先端設備導入の両方なら30万円?

代行先によって料金体系は違うだろうが、

自分で出来ない人は思い切って任せてしまおう!

 

150万円 - 30万円 = 費用削減効果120万円!

これでも十分効果ありだ!

 

アンテナ高く情報収集が重要

私は銀行員。このような税制優遇・補助金については、

業務上知り得る機会が多い。異世界チート転生ものだw

 

ただこの2つの制度が、

太陽光投資に適用できると知ったのはSNSだ。

アンテナさえ高く張れば誰でも知り得る情報だ。

 

そして私が毎日ブログ・Twitterで

情報発信してる真の目的でもある。

面白いもので、自分が情報発信すると、

有料情報級のタレコミが返ってくる。

 

なので、読者の皆さんも積極的に

SNSで情報発信してみよう。

情報交換の場として利用するのが、

一番利益になると個人的には思う。

 

ではでは ('ω')ノ