とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【ライフハック】お値段シールド展開!客層を選別せよ!

どうも!ベカンです。

 

今日は私の最強の兵装!

「お値段シールド」を紹介する。

 

「なんだ?新手の中二病こじらせたか?」

冷ややかな読者の視線を感じる・・・。

 

結構、真面目な話だよ?w

プライベートやビジネスシーン

でも役に立つ万能の盾。

それでは説明に入る。

一杯1,000円のコーヒーが飲めるか?

突然だが私ベカンは、

稀に高級ホテルの喫茶店に行く。 

そこのメニューを見ると・・・。

・コーヒー    1,000円 

・ケーキ     1,500円

・クラブサンド  2,500円  

 

一桁ちがうのでは?と目を擦る。

さすが高級ホテルのラウンジは違う!

コーヒー1杯で私の1日の食費を上回る。

節約家の私には毒。今にも失神しそうだ!w

 

なぜ高級ホテルの喫茶店に行くか?

決して、自分へのご褒美とかではない。

私が高級ホテルを使うシーンとは・・・。

・大事な面談の時

・何かに集中したい時

大体こんな時だ。

 

香り高い最高のコーヒー。

座り心地の最高のソファー。

静かで穏やかな最高の空間。

気の利いた最高のサービス。

 

何をとっても一級品。

ホテルのラウンジならば、

落ち着いて交渉も出来る。

きっと上手くいくだろう。

読書・執筆・勉強にも没頭できる。

非常に効率がいいのだ。

 

もしマクドナルドだったら?

読者の皆さんに質問!

もし大事な商談の場にマクドナルドを選んだら?

また自己啓発やクリエイティブな考え事はどうか?

 

・チープな食事

・ガチガチのソファー

・学生が騒々しい空間

・雑で適当なサービス

 

答えは明白である。

交渉も決裂。勉強にも集中できない。 

 

A子「あーし、カレピと別れたんだよね~」

B子「うそ~マジ卍~w」

とか聞こえてきそうだ。

 

プライスが客層選別

高級ホテル・マックの例でお察しの通り、

「値段シールド」とは客層選別の一つだ。

 

高級ホテルのラウンジには、

紳士なジェントルメン!

気品あるマダム!

 

勿論A子・B子ちゃんは来ない。

変なチンピラに絡まれる心配もない。

子供が奇声を発し走り回らない。

馬鹿笑いする奥様達もいない。

 

「値段」が客層の良し悪しを決める。

いざという時は惜しみなく金は使うものだ。 

 

会員制・会費制も同様

有料の壁とでも云おうか?

今まで無料で情報発信していたところ、

会員制で有料にした途端、客足が途絶えた・・・。

こんな経験はないだろうか?

 

巷で流行りの「オンラインサロン」

これも「お値段シールド」の活用例だ。

 

サロンメンバーは月額会費を支払う。

これにより賑やかしの有象無象を排除。

コアなファン層のみのピックできる。

 

段階設定で更なる仕分けが可能。 

会費1,000円なのか?

会費10,000円なのか?

高い会費を払うクラスなら

本気度の高い精鋭が集うだろう。

 

 

プライス以外でも選別可能

有料シールドを貫通してきた人は相当な強者だ。

また、同じような選別を「条件」でも可能。

 

例えば、少し話題になった吉本興行。

売れっ子のお笑い芸人になるため、

薄給かつ成功するかもわからない。

挫折した後、就職先もないだろう。

 

そんな悪条件でも集うのだから

本人のヤル気は充分だろう。

 

ハードルの高低で人材を選別。

そんな時に役立つだろう。

 

自分に活かせるか?

 

 冒頭の通り、高級ホテルのラウンジを使い

「お値段シールド」展開し客層選別する。

 

他にはどうだろうか?

私がこのブログを設立した目的に

「情報交換できる同志を募る」がある。

ここに活かせるかもしれない。

 

クローズドのコミュニティを作るとか。

収益目的でないので月額10円! 

わざわざ10円払う面倒な行為をして、

参画する訳だから濃いメンバーが集う。

 

果たして私のサロンが

立ち上がる日はくるだろうか?w

今日はこんなところで。

ではでは ('ω')ノ