とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【ライフハック】「年単位」より「毎月」で考える

どうも!ベカンです。

この頃、自分の中では衝撃的な経験をした。

 

年単位→毎月に切り替えるだけで別世界が見える。

しかもこの考え方は生きていく上で、

相当応用が効き、運用次第では凄まじいプラス効果。

 

何を言ってるんだ?

よくわからん!

 

そう思われただろう。

個人的には本当に素晴らしい気付きだった。

今日は皆にも紹介したい。

気付きのキッカケは?

高配当株式投資に興味を持ったこと

私は不動産・太陽光をメインで活動しているが、

経営能力が非常に試される業種で結構大変。

 

それに比べて株式投資は一回買ったら放置。

 もちろん銘柄選択や売買時期等の判断はあるが、

購入後は手間が掛からない。

 

【不動産・株式投資を比較した過去記事】 

www.bekan13-investor.com

JT(日本タバコ産業)にご執心

そして高配当銘柄で注目したのがJT。

なんとその配当7%!

魅力を感じ現在200株保有。

 

上記の過去記事時点では、

JT株式配当は100株(23万円程)買うと、

年間12,000円程の配当が貰える。

 

配当を毎月で考えてたら・・・

「まあ7%と言っても年12000円程度か・・・」

と計算してみて思ってしまった。

 

だがしかし!

Twitterであるツイート見て考えが変わった。 

 

「JT100株買うと毎月1,000円配当がもらえる!」

 

全く同じことなのに、何故か魅力が増した!

毎月に直すだけで見える世界が全然違う。

そして何か悟ったような気持ちになった。

 

「年」より「月」の方が理解しやすい

短い・小さい方が想像しやすい

毎月で言い換えただけで、

なぜ感じ方が違うのか? 

 

自分なりに考えた結論は、

「想像しやすいから」

 

人間誰しも、短期的で少額のものを

考える方が実感が湧く。

 

例えば・・・

・サラリーマン生涯年収2億円

・大卒〜定年まで勤務で平均年収438万円

・毎月だと36万円

 

これを聞いてどうだろうか?

結局、全部同じことを言っているが、

毎月に表現を変えただけで、

グッとイメージしやすくなった。

 

どのように活かすか?

他者に自分の考えを伝えたい時

長期間・大規模なものを、

短時間・小規模にべクトルをずらす。

これだけで皆が認識しやすくなる。

 

ならば、自分が他人に何かを

説明したい時、伝えたい時に

この手法を使うと理解が得られやすい。

 

建売住宅の営業なら

・この物件は2,500万円で買えます!

・この物件は月々6万円程で住めます!

後者の方が売れる気がする。 

 

費用対効果を考える時

商品購入を検討する時に、

コスパの良し悪しを判断できる。

 

例えば車を買う時

・新車200万円

・中古車50万円(3年落ち)

どっちを買うか際どい例だ

 

では新車より5年で価値ゼロ、

乗り換えする前提で、

期間をダウンサイジングしてくと・・・。

・新車200万円 → 年40万円 → 月33,333円

・中古  50万円 → 年25万円 → 月20,833円

 

月の差額12,500円。

5年間、新車に毎月3万ちょっとで乗るか?

2年間、中古車で我慢して2万円に抑えるか?

大分決断しやすくなった筈だ。

 

勿論、新車の方が壊れにくい、

性能が高い、燃費が良いとか

他の判断材料もあるので、

総合的に決める訳だが。

 

努力を継続する時

ブロガ更新目標を立てる時、

・年間100記事!

 

と決めるよりも

・土日・祝日に必ず1記事!

・週2〜3記事!

 

こっちの方が気軽に感じる。

試験勉強、業務・ノルマ管理など

幅広く応用が効きそうだ。

 

毎日1問解く!

毎日1事務処理する!

毎日1件獲得する!

こんな感じだ。

 

そして毎月・毎日単位まで数値を落とすと、

計画に無理がないか?も分かる。

 

例えば銀行で

「君!カードローン獲得の年間ノルマ1,000件な!」

これだと休日出勤しても毎日3件目標だ。

銀行業務の片手間で出来る件数ではない。

指導者は目標を考え直すだろう。

 

自分の活用例

冒頭のJT配当以外にも早速活用してみた。

PHILIPS髭剃りで考える

私はPHILIPSの髭剃りを愛用。

肌が弱く他社メーカーでは

剃り負けしてしまうからだ。

 

5年前に買ったものが壊れた。

当時奮発して3万円の最新機種を買った。

・5年3万円 → 年間6000円 → 毎月500円

髭剃り如きに毎月500円も払ったことになる!

 

今度は、形は酷似してるが、

歯の枚数が少なく、急速充電できない

5,500円のPHILIPSを買った。

同様に5年使えるとしたら・・・。

・5年5,500円 → 年1,100円 → 毎月91円

 

多少性能は落ちたが結構安くなったろ?

最悪1年で壊れても同じくらいの値段だ。

 

最高の思考法ではないか?

ただ期間を短く捉えるだけで、

説明・営業が上手くなり、

決断・判断能力が上がり、

努力も長続き!

 

控えめに言って最高だろ?(自画自賛

これを活かして人生イージーゲーム!

そんな気分になった。

 

読者の皆さんも是非試してくれ。

ではでは (*・ω・)ノ