とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光発電】先端設備等導入計画の策定(書き方)

どうも!ベカンです。

野立太陽光の公庫融資が決定して、

計画が急ピッチで進行中。

 【詳細は過去記事】

www.bekan13-investor.com

 

そして、税理士と打合せした際に、

太陽光設備の償却資産税3年間ゼロとなる

「先端設備等導入計画」策定提案があり。

【詳細は過去記事】

www.bekan13-investor.com

 

本日、何とか計画策定完了。

先端設備等導入計画を策定予定がある方に

参考になるよう私の記入内容を公開する。

表紙

宛先  〇〇市長 〇〇 殿 

あとは日付、自分の住所・名前、捺印

 

書式をプリントアウトする時に、

「備考」「記載要領」の部分を削除。

 

 1.名称等

1.事業者の氏名又は名称→自分の名前

2.代表者名(事業者が法人の場合)→空白

3.法人番号→空白

4.資本金又は出資の額→空白

5.常時使用する従業員の数→1人

6.主たる業種→電気業

 

太陽光発電でも従業員は1人以上にする。

後に「4(2)労働生産性向上目標」項目で、

1人以上でないと計算できなくなるからだ。

 

 2.計画期間

令和1年9月 ~ 令和4年8月

 

 3・4・5年で選択(私は3年)

期間終了の「月」に注意。

 

 3.現状認識

①自社の事業概要

令和1年6月、新規開業。

今般、〇〇市に野立太陽光発電設備を設置。

売電収入を主体に経営していく方針。

 

②自社の経営状況

現況、俸給生活者につき給与収入が安定的にあり。

併せて今般設置予定の太陽光発電設備による

売電収入は年2000千円を想定。

太陽光モジュール老朽化により売電量は逓減するものの、

発電開始以降、毎期500~700千円の事業所得を見込む。

 

4.先端設備等導入の内容

(1)事業の内容及び実施時期

①具体的な取組内容

再生エネルギー固定買取制度を利用した売電事業を行う。

定期的にパネル清掃・除草等のメンテナンス実施。

発電量は随時ネット管理システムで監視。

 

②将来の展望

固定買取期間20年は安定的な売電収入が見込める。

またBCP対策として災害時の非常用電源に使える。

再生可能エネルギー推進の国策に貢献したく、

今後も太陽光発電所を増設していく方針。

(2)先端設備等の導入による労働生産性向上の目標

 現状(A) 14,000円

計画終了時の目標 17,500円

伸び率(B-A)/A 25%

 

【計算式】

営業利益+人件費+減価償却

労働人数×労働時間     =労働生産性

 

【自分の場合】

10万円+10万円+50万円

1人×50H       =14,000円(当初)

1人×40H       =17,500円(目標)

 

太陽光発電に労働生産性向上がある訳ない。

無理やり数値を当てはめていこう。

 

(3)先端設備等の種類及び導入時期

     設備名/型式     導入時期   所在地  

1.太陽光モジュール/JKM335M-60H 令和1年10月 〇〇県〇〇市

2.パワーコンディショナー/KPV-A55-J4   同上     同上

 

 設備等の種類   単価  数量   金額  ※証明書等の文書番号

1.機械装置     19  216  4,104 空欄

2.機械装置    168     9  1,512 空欄

 

設備等の種類別小計 設備等の種類  数量  金額

           機械装置   1  5,616

 

※工業所の証明書を後追いで提出する場合は記入不要

 

5.先端設備等導入に必要な資金の額及びその調達方法

使途・用途     資金調達方法  金額

先端設備等購入資金   融資    5,616

 

 

 計画策定を終えて・・・

見ての通り、太陽光投資で計画策定すると、

非常に中身の無いものになる。

ただこういう認定物は申請が通ってしまえば、

何だってよい訳なので割り切るしかない。

 

この計画を顧問税理士に見てもらい

認定支援機関の確認印を押印後に申請。

 

なお、認定支援機関によっては、

確認・押印料を取るところもある。

私は先生の所見欄まで自分で考えて、

ハンコもらうだけなので無料でお願いする。

 

また市の担当から添削が入る筈。

修正あった場合は本件記事内容も

随時更新していく。

 

ではでは ('ω')ノ