とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【税務】消費税還付スキームが悪化!増税の影響か?

【速読】目次・赤字だけ読もう

 

どうも!ベカンです。

野立太陽光の公庫融資も承認され、

業者にもGOサインを出した。

あとは素早く進めるだけ。

 

そこで一つ疑問が生じた。

私は消費税納税事業者となり

太陽光設備について消費税還付を

受けようとしている訳だが・・・。

 

消費税増税で還付スキームが悪化するのでは?

 

本日、税理士に確認したので

皆さんに報告する。

最初に結論

やはり嫌な予感は当たった。

消費税増税の影響で還付スキームは悪化。

 

来年度の売電収入消費税8%→10%ならば、

単純計算で売電収入2%相当の還付金減少!

 

過去に自分の太陽光投資で、

消費税還付額の計算を紹介した。

 

 

過去記事参照(消費税還付スキーム)
www.bekan13-investor.com

私の具体例

以降では、当初予定より

どれだけ消費税還付額が減るか?

計算根拠を示していく。

前提条件

売電収入(預り消費税)

・初年度0円

・以降年間売上200万円

 

太陽光設備費(支払消費税)

投資額1,500万円(土地代除き)

 

※年末付近に太陽光設備導入のため

 初年度売電収入なし

 

増税前

1期目:設備1,500万円×8%=120万円還付

2期目:売電収入200万円×8%=16万円支払

3期目:同上

※4期目以降は納税免除事業者を選択

還付額:120万円-32万円=88 万円

 

増税後

1期目:設備1,500万円×8%=120万円還付

2期目:売電収入200万円×10%=20万円支払

3期目:同上

※4期目以降は納税免除事業者を選択

還付額:120万円-40万円=80 万円

 

前後比較

何と!増税の影響が8万円も出た!

私は1,500万円程度なので誤差範囲内だが、

億単位の投資家は影響が計り知れない!

 

なお、太陽光設備の工事請負契約が、

平成31年3月末までのものについては、

消費税8%が適用可能。

私も締結日は3月ギリギリで行った。

f:id:bekan13:20190828213029j:plain

増税後の還付スキーム有効

今回はたまたま増税タイミングで

発電事業を開始する羽目になった。

 

・設備費用にかかる消費税8%

・開始後の売電収入にかかる消費税10%

還付額が減るのは当たり前だ。

 

ただ今後は、そもそも消費税10%な訳だから、

・設備費用にかかる消費税10%

・開始後の売電収入にかかる消費税10%

 

消費税還付スキームが悪化したのは、

この増税時期に投資する場合に限る。

私は単に運が悪かっただけだw

 

また明日に税理士と面談し、

正確なところを確認していく。

ではでは ('ω')ノ