とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【銀行】日本政策金融公庫のメリット・デメリット

【速読】目次・赤字・ツイートだけ読もう

 

どうも!ベカンです。

こんなツイートが流れていたので、

少し辛めのガチコメを入れてしまった。

 

 

私は公庫融資を3度も受け、

現在も借入相談中である。

公庫のことは理解してきた。

 

今日は、自分の公庫融資経験を元に、

公庫融資のメリット・デメリットを話そう。

最初に結論

融資条件面はピカイチ!

それ以外は期待しない。

これが私の結論だ。

順番を追って説明していく。

 

私の融資利用実績

公庫融資のみ!

現在、私は不動産・太陽光事業を行なっている。

自己資金ないため融資を受ける訳だが、

なんと!全て公庫から借りている!

 

その理由は・・・。

公庫しか貸してくれないからだw

父経営法人のサブビジネスとして、

不動産・太陽光を行なっているが、

メインの家業で万年赤字。

 

さらに暦年の赤字積もり債務超過。

民間金融はどこも貸してくれない。

 

中小企業の味方!

民間金融と違い営利を求めていない。

よって民間では到底出せないような

融資条件を引き出すことが可能。

 

財務内容・業績問わず相談に融資相談可能。

零細企業としては本当に助かる。

セーフティーネット、弱者救済の理念がある

 

公庫のメリット

ここからは自分が感じている

具体的なメリットを列挙する。

 

貸してくれる!

前項で話したように、

父経営法人は財務・業績ともに最低。

でも貸してくれる!

真に資金が必要な企業・事業家に融資する。

金融機関の存在意義として一番大事な部分だ!

民間と違い営利を求めていないからだろう。

 

私は銀行で、担当顧客には、

「融資審査が厳しい順に与信を引っ張ること」

を常々言い続けている。

なので公庫融資枠は最期の砦として取っておく。

ピンチの時の公庫様!零細中小企業の救世主だ!

 

金利が安い!

民間は与信先の格付に応じて金利を決める。

良い先には安く、悪い先には高い。

担保がフル保全でもだ。

リスクに見合った金利をいただく。

 

それに比べて公庫は金利が安い!

どういう審査で金利を決めているか不明。

ただ民間なら3〜4%取るような企業でも、

1〜2%で貸してくれるようなイメージだ

各種制度融資も絡めると更に強力!

 

理屈は分からないが単純に安いということだ!

なお見たことある金利で一番安い金利は0.05%!

お客さんが「タダで借りてるようなものだ!」と言い

一切うちの銀行で借りてくれなくなった苦い経験w

 

登録免許税がタダ!

通常、担当設定をする時は、

登録免許税を払う義務がある。

登録免許税 = 設定額 × 4/1000

 

何と!公庫が担保設定する場合は、

この税金が免除される!

 

自分の直近の事例では、

既存の根抵当権を極度増額1,800万円。

1,800万円 × 4/1000 = 72,000円

これが免除された。結構バカに出来ない金額。

 

公庫のデメリット

借りやすい!金利安い!税金もタダ!

そんな公庫様にもデメリットがあるのか?

無理に絞り出して考えてみた。

 

担保至上主義?

感覚値だ。ただ無担保だと、

融資上限は1,000万円程度と感じる。

 

担保さえあれば結構融資が受けられる。

実際、父経営法人も酷い決算内容だが、

評価4,400万円の担保差入れで、

5,000万円の融資をしていただいた。

 

ただ担保があれば何でもokではない。

財務・業績が悪いなら、

それなりに今後の事業計画・見通しを

語れなければ融資は受けれない。

 

担当者は公務員的

公庫勤務の人に先に謝っておく!ゴメン!

全員がそうじゃないと思うが酷いことを言う。

 

現役の民間銀行員である私から見て感じる。

公庫担当は民間企業では生きていけないだろう。

 

日陰でヒョロヒョロ育ったモヤシのような人が多い。

来た案件をただ処理する毎日なのだろう。事務屋である。

公務員的な淡々とした対応。民間でやったら即苦情ものだ。

よって、きめ細かいサービス・配慮・気遣いは期待できない。

これは属人的な問題でもあり民間でも同様な部分はあるが。

 

以上!ゴメンw

 

経営相談・アドバイスは期待できない

違ったらゴメン!また酷いこと言う。

 

金融機関の役割として、融資だけでなく

顧客への経営指導・育成も含まれている。

公庫担当に経営相談する人もいるだろう。

 

ただ公庫担当は中小企業の現場を知らない。

顧客と濃い付き合いが出来ない。

決算書だけで何が判断できようか?

 

民間の法人担当は社長と苦楽を共にする。

もはや顧客と一心同体である。

 

時には一緒に新商品・改良を考え、

顧客通しをマッチングして

販路拡大のお手伝いもする。

幅広く業種ごとの水も甘いも知ってる。

 

ゴルフ・旅行・宴会だってする

公私ともに融合する。

逆に癒着も起きやすく、

3年目安に担当替え、転勤があるが。

 

顧客と一緒に走ってこそ、

経営相談・アドバイスができると思っている。

財務・税務・業界等幅広い知識を、

日々学習している前提ではあるが。

 

よって公庫担当に経営相談しても意味がない。

保証協会や知識だけのコンサル会社も同様。

政府系で経営コンサルしてくれる組織がある。

そちらを頼ろう。

 

公庫の利用価値

冒頭に言った通りだが、

単純に融資を受ける分には最高な金融機関だ!

 

ただデメリットで述べたように、

それ以外は期待してはいけない。

 

「ただお金を貸してくれる人」的な存在。

それでいい。

 

散々融資してもらっておいて何様だw

本当に失礼な奴だ!俺はw

 

お金は公庫から調達して、

経営相談は、その事業の成功者に聞く。

そして自分だけのビジネスチームを作る。

 

私の不動産・太陽光投資では・・・

・不動産仲介、管理会社

・税理士、司法書士等の仕業の方

・地元工務店・太陽光設置業者

・SNSで情報提供してくれる皆様

 

こんな感じだろうか?

 

公庫ディスるつもり無かったが、

デメリットを捻り出したら、

こんな記事になっていた。

関係者の人に読まれないことを祈る。

 

本日はこんなところで。

ではでは  (*・ω・)ノ