とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産・太陽光投資】公庫が勤務先に副業確認!?会社に内緒で投資できない未来

どうも!ベカンです。

この頃、Twitterで恐ろしい情報が流れていた。

 

 

公庫様で借入申込みの際に、

「勤務先で副業が許されているか?」

の確認をされるとの情報だ!

 

リプ欄を見ても、投稿者以外にも

確認された人は一定数いるようだ。

 

兼業の大家・太陽光投資家には面倒な事態だ!

今日は公庫の副業確認について

触れていきたい。

 

 

f:id:bekan13:20190813012826j:plain

実は予期していた

私はしがない地方の銀行員。

銀行業界では副業には非常にネガティブ。

就業規程でも基本副業禁止である。

 

副業どころか株式・FX・仮想通貨等の

投資についても強い縛りがある。

 

一度、支店のローン実績が低調な時に、

「収益物件を当行ローンで買ってはダメですか?」

と聞いたことがあるが、

支店長に「絶対ダメ!」と一蹴されたものだ。

 

副業解禁のご時世だが、

大手金融業界では旧態依然である。

もし黙って副業してバレた場合、

下手したらクビまである。

 

この事実を知っているため、

私はいつか金融機関の融資審査で

「副業が勤務先で認められているか?」

のチェックが入るのでは?

と感じていた矢先だった。

 

副業のための融資は、

給料収入を担保に審査する。

会社に黙って副業した人がクビにでもなったら、

銀行側も回収の目途がなくなる。

今後、金融機関の確認も厳しくなるだろう。

 

想定される副業確認方法

自分が公庫担当だったならば、

如何にして確認するか?

少し考えてみた。

①就業規則の確認

一番手っ取り早く確認できる。

ここで副業禁止が確認できればアウト。

曖昧な表現がされていれば②~③へ

 

②勤務先の人事・総務に電話確認

開業予定の業種が、

社内規定で副業に該当するか?

具体的に質問してみる。

 

③勤め先の許可印を徴求

念押しの作業である

「副業許可証」的な書式をつくり

勤務先から印を貰う。

 

③まで裏をとっていれば、

流石に副業を理由に懲戒処分を

受ける事態は起きないだろう。

公庫も給与所得を抑えに、

融資審査もできる。

 

ただ会社に副業を認めてもらっても、

人事評価にキズがつきそうで恐い。

会社からすれば副業なんかせずに

現在の業務にフルコミットする従業員を

優遇するに決まっているからだ。

副業確認されないことを祈る!

 

副業確認への対策

私は先日、個人名義で公庫融資を申込みした。

野立太陽光1600万円也。

もし副業確認された場合の返しを考えておく。

 

①個人情報漏洩について言及

金融機関は融資審査するにあたり、

顧客から得た個人情報等は

外部に漏らしてはいけない規定になっている。

「個人情報保護法」を厳守している。

この法律を盾に、勤務先への電話は

回避できるかもしれない。

就業規則確認・副業許可証の徴求が

融資条件にされた場合はお手上げだが。

 

②副業を本業と言い張る

Twitterで助言を貰ったのがこれ。

「副業で銀行員してますが何か?」

ただの屁理屈であるw

すでに自己資金で副業を始めていて、

給料より副業の方が収入デカい場合は

使えるかもですな。

 

③会社が認めてると言い張る

会社が不動産・太陽光については

副業とは言えず認めていると言い張り、

それ以上の確認作業を遮断する。

従業員が親からアパート・発電所を

相続するケースも結構あるだろう。

この2つは本業に支障が出ないことが多いし

認めてる会社も実際多いため信憑性も高い。

 

まあどの策も相手が本気なら

全く通じないものばかりだ。

公庫から副業確認されないことを祈るばかり。

 

副業確認の波は必ず来る

まだ副業解禁の流れは始まったばかり。

そして実際に行動する人も一握り。

特段大きな問題は起こっていない。

 

ただ大多数の人がダブルワークしだしたら話は別。

本業が疎かになったり、本業に迷惑を掛ける事態は

多数発生するだろう。

 

そうなれば、副業への事業融資審査で、

勤務先への副業確認する時代が必ず来ると推測する。

 

今現在、本当は副業禁止(もしくは許可制)なのに

会社に黙って事業を始めた人もいるだろう。

副業確認が融資条件になる時代がくれば、

追加融資が受けれず沈没する可能性がある訳だ!

 

こうなる前に、早く副業が本業を超えるように、

事業拡大をするしか方法はない。

私も不動産・太陽光投資で早期にセミリタイアを

果たせるように努力しよう。

 

ではでは ノシ