とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産投資】大逆転!公庫融資の減額幅縮小!250万円UP!

どうも!ベカンです。

先月から大詰めの木造築13年アパート購入PJ。

 

公庫融資1,700万円での申込みをしたが、

1,250万円の減額承認の連絡を受けた!

 

総費用1,750万円程なので、

自己資金が急遽500万円必要になった!

ピーンチ!!!

 

【詳細は過去記事を参照】
www.bekan13-investor.com

 

そこから一転!

何と1,500万円でフィニッシュ!

最終承認された条件を報告する。

f:id:bekan13:20190725000721j:plain

この画像。「ぱくたそ」なるフリー画像置場から拝借。

公庫融資250万円増額でガッツポーズ!!

的なものを選んだ。

書類を抱えた新卒女子(グリーンバック)|無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ

私のブログはいつも文字羅列で寂しいイメージだが、

一気に華やかな感じになったではないか!

これからもお世話になろうw

 

最終承認内容 

 <融資額>

当初1,700万円 → 減額1,250万円💀 → 最終1,500万円⭐

 

<金利>

当初1.50% → 根極増1.15%⭐ → 最終1.31%💀

 

融資額は「家賃収入で返済・経費を賄える水準」

で最終的に決めると事前に通達があった。

減額承認1,250万円の打診があった時、

満室家賃に空室ストレス15%相当の計算。

※計算方法は上部過去記事に記載

 公庫で賃貸不動産購入予定の方は参照

 

そして最終的には、

なんと!

空室ストレスなしでの融資金額となった!

俺様大逆転 \( 'ω')/ 

 

逆に残念だったのは金利だよ!

何で少し上がってるんだw

既存根抵当権を極増して1.15%で

出来るって言ったじゃんw

公庫「担保評価に計算ミスがあり金利が上がってしまいました」

私 「そそっかしいですね~」

 

普通ならブチ切れるレベルのミス。

ただ債務超過・万年赤字の会社に、

好好条件で融資してくれるため不問とした。

 

CFは大幅にマイナス!!

そして忘れてはいけないのがCF。

融資額が増えれば当然返済も増える。

返済額:117,000円 →142,000円 

家賃:169,600円

CF:52,600円 → 27,600円(▲25,000円)

 

年間経費30万円程なので、

年間CFはトントン。

資金に余裕出来たら、

少し繰上返済もありかな。

 

銀行担当ガチャ問題

融資条件が2転3転!

なんとテキトーなことかw

この担当は銀行業務でも、

何度かお世話になった人だから、

私にラフな対応なのかもしれないが。

 

私だったら、高い金利で言っておいて、

「何とか本部と交渉して金利が安くなりました!」と言うけどな~

 

もちろん、他行と競合している場合は、

最初から出し惜しみなくギリギリの金利水準を伝え、

「本部に承認取るまで確定ではありません!少しお待ちを!」

と数日もらい、支店長と本部へ突撃。

確定するまで断定的なことは言わない。

公庫の場合は競合はないだろうが。

 

金融機関全般に言えるが、

担当によって「アタリ」「ハズレ」がある。

こちらからは担当を選べないので、

私は「担当ガチャ」と呼んでる。

後日、現役銀行員である私が教える

ダメ担当回避方法を記事でもしようかな。

 

金証契約まで油断ならない!

今回の融資条件は最終結論だと

公庫担当も言っているが、

金銭消費貸借契約証書(借用証書)を

書いて提出するまで、

信用してはいけない!

 

大抵の金融機関は、稟議書の決裁がなければ、

金証を出せない仕組みになっているからだ。

※一部違う金融機関もある

 

公庫は融資承認が下りると、

後日郵送で金証を送ってくる。

返送したら流石に安心だ。

 

それまで、また融資条件が変わってしまう

恐怖に怯えながら待つとしよう。

ではでは ノシ