とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【不動産投資】父の無限赤字を不動産投資で相殺せよ!

どうも!ベカンです。

 

銀行で半期ノルマ達成目途がつき、

時間外削減のため毎日定時退社です。

 

吉牛で牛丼並ただ券使い夕飯を食べ、

ゆっくり帰宅しても18時ってw

 

賃貸物件も満室、やることなし。

野立太陽光も公庫融資待ち

 

折角時間が出来たのだ。 

今日は家業の父経営法人について

書こうと思う。

 

家業について

f:id:bekan13:20190724221837j:plain

父は3代目として家業を継ぐため脱サラ。

事業承継して30年程、創業100年まであと3年の老舗。

業種は言えないが、戦後まもなく開業した創業者は、

地域ではその業種で独占企業となり繁盛したらしい。

 

ただ程なくして、競合他社の出店、業界縮小もあり、

会社はみるみる衰退。今では見る影もない。

先代遺産と法人資産を取り崩し、

事業継続してきたがとうとう底を尽きた。

 

廃業の危機

そんな経営状態なのも薄々気付いていた私。

ただ、これまで父は法人決算書を、

私に見せることを拒んでいた。

父はプライドが高いので、銀行員である私に、

会社のことであれこれ言われるのを嫌ったのだろう。

 

家計にお金を入れなくなったあたりから

私が我慢できなくなり真剣に話合い、

ようやく決算書を見せてもらった。

 

内容を確認して愕然とした・・・。

保管してある20期分の決算書に

全部目を通したが9割は赤字決算だ。

万年赤字が祟り、超弩級の債務超過。

 

私「俺が何とかせねば・・・」

強く決心した。

 

会社立直しは失敗

銀行員として知り得た知識・ノウハウを活かし、

可能な限り経費削減に努め、極限まで詰めた。

ただ肝心の値上げ・仕入値引き等は

パワーバランス的に不可能。どうやっても赤字だ。

 

私「もう会社を畳もうよ」

 

何度も言ったが、父は聞かなかった。

自分の代で潰したと周りに思われたくないとのこと。

確かに地域ではそれなりに名の通った会社で、

商工会議所役員等で多少影響力を持っている。

今まで「社長!」と言われデカい顔して生きてきた。

「老舗家業を潰したダメ社長」レッテルを貼られるのは

耐えられないのだろう。

 

私「じゃあどうするんだよ!」

父「うるさい!俺の勝手だ!」

この繰り返し。

 

資金も底を付いてるので赤字分は、

父の年金、相続した貸家の家賃で

補填する自転車操業。

大きな設備だけは公庫借金・リースで凌ぐ。

 

不動産賃貸業に注目

 経費を極限まで詰めてところで、

父名義の年金・家賃収入を投入すれば、

何とかトントンまでもう少し!

 

そこでふと思った。

私 「不動産賃貸だけなら黒字じゃん!」

 

そう!先代から相続した

戸建2棟・駐車場2ヵ所は、

毎月賃料を淡々と稼いでくれる。

 

駐車場は多少動きがあるが、

戸建は20年近く入退去はない。

 

私「不動産賃貸だけすればいいじゃん!」

 自分の中での最終結論だった。

 

不動産について猛勉強・物件購入

それから私は不動産関連の書籍を読み漁り、

銀行顧客のアパートローン先・不動産屋には、

賃貸業のコツを教えてもらう。

 

程なくして、RC築30年の物件1号の紹介あり。

父法人名義で公庫融資を受け購入。

忘れもしないH29/4月のことだ。 

 

私の狙いは的中だった。

この1号君。すべて経費・公庫返済差引後でも

毎月5万円の家賃を落としてくれる。

しかもオーバーローンで借入したので、

一切手出し無し!

いや!むしろ余ったw

 

本業赤字 VS 不動産黒字

現状、父経営法人の本業赤字は推定200~400万円。

1号君の不動産黒字は推定200~230万円。

H30/7月決算の当期純利益▲55万円。

直近では本業赤字に軍配が上がった。

 

ただ今期はなんと1号君屋根上に太陽光設置。

さらに物件2号君の購入を控えている。

この勢いで本業赤字軍を蹴散らしたい。

 

最後の親孝行

もう父のプライドの高さには呆れ果てた。

父「会社を潰したら自分の失敗を認めるようなものだ!」

 

その通り!!失敗してるのわかってるジャン!w

それにしても凄い考え方だ。

損切できない株式投資家の心境だろう。

 

本業をせめて縮小してくれって言ってるのに、

勝手に本業設備を更新してるし。

導入した機械が、無限の赤字生成機に見えてくる。

父のことを「プロの貧乏」と母に言ったら爆笑していた。

 

もう諦めたよ!

死ぬまで本業頑張ってくれ!

そしてドンドン赤字出してくれ!

不動産の黒字で相殺するから!

そうすれば面子が保てるだろ!

 

これなら不動産投資で、

永遠にデットクロスにならない

究極のポジティブ思考だ!

いや。ヤケクソだなこれw 

 

不動産投資で父に本業を続けさせてあげる。

最後の親孝行である。

 

 

そして、父を憐れむ息子から一曲。

=================

曲名:無限の赤製「Unlimited Minus Works」

 

体は赤字で出来ている

血潮は経費で、心は低粗利

幾たびの決算を越えて繰欠

ただ一度も黒字はなく

ただ一度も称賛されない

父は常に独り赤字の丘で業歴100年に酔う

故にその本業に意味はなく

その体はきっと赤字で出来たいた。 

 

        編詞・編曲 ベカン

 =================

 

知らない人は、無視して下さいw

ではでは ノシ