とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光発電】経営力向上計画認定申請(公庫金利優遇▲0.9%)

どうも!ベカンです。

先日、太陽光案件が1件ポシャって愕然。

残った最後の案件を公庫で借入申込み。

金利0.40%台で借入可能性を感じ意気揚々。

と感情の起伏が激しい毎日を送っているw

 

この好条件で借入するには、

「経営力向上計画」を申請し、

経済産業省様に認定をもらう必要がある。

 

私は父法人名義で既に認定を受けた経験あり、

あまり苦労しなかったが、

初めて自分で出される方は大変だろう。

 

これから認定申請される方の参考になるよう

私の書いた申請書内容を公開しようと思う。

 

f:id:bekan13:20181203003238j:plain

経営力向上計画とは?

そもそも経営力向上計画って何?

と思っている人向けに端折って説明する。

中小企業が各自、運営力・効率性等が

向上する計画策定し経済産業省様に認めてもらえば、

各種税制優遇・金融支援が受けれる制度。

 

優遇・支援は数あるが、

政策金融公庫の借入利率▲0.9%

これを利用して公庫様から

超低金利でお金を貸してもらう魂胆だ。

 

経営力向上計画認定申請書

勤め人が新規開業の個人事業主として申請。

公庫金利優遇を受けるための内容を公開。

 

制度内容・書式は中小企業庁HP参照

中小企業庁:経営サポート「経営強化法による支援」

中小企業庁:申請書様式類

 

<提出物>

・経営力向上計画認定申請書

・チェックシート

・返信用封筒(切手付)※先方が認定書の返送に使う

・開業届コピー ※税務署へ届出していることが認定条件

 

※申請場所によって送付物が相違する。

 HP掲載の経営力向上計画策定の手引き を見て確認しよう  

 

<送付先>

中小企業庁HPで一覧あるので、

自分の居住地の提出場所を調べよう

因みに自分は一覧を見てもわからなかった(オイ!w

なので中小企業庁に直接電話して確認しよう

中小企業庁 経営力向上計画 相談窓口

  TEL:03-3501-1957(平日9:30-12:00、13:00-17:00)

 

認定申請書の項目1〜10まで

1.名称等 

自分の名前、従業員の人数書くだけ

私はもちろん一人なので従業員ゼロ

専従者に加える家族がいる方はその人数

 

2.事業分野と事業分野別指針名

事業分野→33:電気業、3311発電所

分野別指針名→なし

※HPの一覧表に載っているらしいが、

 私はよくわからなかった。

 提出先担当に聞いて書いた。

 取り合えずこれを書いて出しておこう。  

 

3.実施時期

令和1年10月 〜令和6年9月

※終了時期の月は、開始時期の月を

  マイナス1ヶ月にすると5年ピッタリになる

 

4.現状認識

①自社の事業概要

→新規開業予定(現況:俸給生活者、開業届提出済)

    今般◯◯県◯◯市に野立太陽光設置。

     売電収入を主体に経営していく方針。

②対象顧客・市場動向・競合

→再生エネルギー固定買取制度を利用した売電事業を行い

   安定したキャッシュフローを得る事業のため、

   開業後は対象顧客・市場動向・競合等はないが、

   買取制度が終了する20年後は発電した電力の

   売電以外の使い方を検討していく方針。

③自社の経営状況

→現況は俸給生活者につき今後も安定した給料収入あり。

    蓄財資産・給料収入を太陽光事業に投入していくため、

    経営は安定推移する見通し。

 

5.経営力向上目標・向上を示す指標

指標の種類→労働生産性

A現状(数値)→6.25

B計画修了時の目標→25

伸び率→300%

※労働生産率=年間売電収入/人件費

  年間売電収入300万円

  現状は開業初年度3ヶ月分の売電収入75万円

  人件費12万円(月1万円自分の人件費で)

 

6.経営力向上の内容

(1)現に有する経営資源を利用する取組→有

(2)他事業・提供された経営資源利用する取組→無

(3)具体的な実施事項

ア分野別指針の該当箇所→なし

    事業承継等の種類 →なし

    実施事項→所有地・借地に太陽光パネル設置。

                      定期的に清掃・草刈実施。

                      発電量を異常ないかネット管理、観測していく。

 

7.経営力向上実施に必要資金・調達方法

実施事項→ア

使徒・用途→太陽光発電

資金調達方法→融資

金額3,500万円

 

8.記入なし

9.記入なし

10.記入なし

 

手前を掛けてはいけない

記入内容を見て分かる様に「超適当」だ!

読み返すと文章下手で読むに堪えないw

ただあくまで目的は公庫金利優遇を受けること。

上記の内容程度で十分認定は取れる。

自分に合せて文章・数値を変え申請してみよう。

 

多少不備があっても、後日担当者から連絡あり、

修正箇所・方法を親切丁寧に教えてくれる。

 

あと余談を一つ。

開業届提出が認定条件だが、

提出すると失業保険が

受けられなくなる可能性が高い。

退職を控えている人は注意が必要。

公庫融資優遇と天秤に掛けて、

お得な方を選択しよう。

 

私がわかる範囲内だったら、

質問も受け付けるつもり。

これから太陽光投資仲間になる方々の

お役に立てれば幸いだ。

ではでは ノシ

 

 【太陽光発電投資の過去記事】

 

www.bekan13-investor.com

 

www.bekan13-investor.com