とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【住宅ローン】夢のマイホームで人生終了!?〜失敗しないためには?

どうも!ベカンです。

私は現在銀行で住宅ローン担当だ。

地方の超田舎店舗だが、

新築・自宅購入相談を毎月3件ペースで受付する。

 

日本ではマイホーム(新築)信仰が強く、

家賃を払うくらいなら自分の資産となる

マイホームを手に入れようとする。

 

ただ家の買い方次第では資産どころか、

将来の足枷になりかねない。

 

私は今でこそ前向きな新規ローン担当だが、

延滞督促班だったこともあり、

闇落ちする住宅ローン債務者の末路を散々見てきた。

 

読者の皆さんがマイホーム購入で

失敗しないよう記事をしたためる。

 

住宅ローンは空前の借り手市場!!

まずは住宅ローンの現状から。

もう、皆さんご存知の通り、

住宅ローンは過去稀に見る低金利。

ネット銀行なら変動0.40%台。

対面チャネルの銀行でも0.50%台

中々イカれてますねw

※2019.7月現在

 

これは政府(日銀)が買いオペで

市場の資金をジャブジャブにして、

銀行に融資させようと仕向け、

需給バランスが崩壊したからだ。

※少し難しい話なので省略する

 

ジャブジャブの資金を、

ただ持っている訳にいかない銀行は、

誰かに貸したくてしょうがない。

なので住宅ローン審査はユルユル。

過去に金融事故なければ、

金額の大小あるが借りることは容易に。

 

さらに住宅ローンを借りると、

税制優遇も受けれる(ローン控除)

※毎年のローン年末残高の1%相当の税金還付される制度

  詳細は省略する

 

いわば消費刺激策として、

お国様の旗の元、住宅ローン推進されている。

空前の借り手市場である。

 

住宅メーカーはウハウハw

政府の援護射撃もあり、

新築・建売メーカーの動きが活発に。

上述したように地方の田舎店舗でも、

マイホーム購入相談が月3件もある。

銀行のローンセンターも多忙を極めている。

 

ローン審査もユルユルで、

業社持込案件なら、今後のお付き合いも考え、

超低金利で年収8〜9倍近く承認が下りることも。

 

なので業者サイドも、

高い物件や、新築計画を提案しやすい。

 

「頑張って駅近の物件にしましょう」

「外構は今やらないと結局やりませんよ」

「太陽光を乗せると電気代浮きますよ」

 

営業担当の話術に乗せられ、

ドンドン新築・物件価格が上がっていく。

 

「ケチると一生後悔する!」

と考え顧客もそれに応じてしまう。

 

ただ業者は売ったら終わりだが、

顧客は35年間も住宅ローンを

返済しなければいけない。

安易に業者提案に乗ってはいけない。

 

自分の身の丈にあったローンを組もう

ここで重要なのは、

自分の貯蓄・収入に見合った

住宅ローンを組むこと。

「そんな当たり前なこと言うな!」

と読者の声が聴こえてくるw

 

しょうがない。私の経験則であるが、

一つ住宅ローンを組む時の目安をお伝えしよう。

 

「目安:年収の6倍まで」

 

その根拠は?と言われると正直困る(オイw

ただ年収6倍で借りた人は、

延滞リストに乗ったことを見たことが少ない。

 

<具体例>

年収500万円 年齢30歳

妻・子供あり

500万円 × 6 = 3,000万円

35年間 金利1%で借入

毎月96,130円

 

どうでしょう?

1人で返済は厳しいが、

奥様がパートで100万円程稼げば、

何とかなる返済額ではないだろうか?

 

ただ賃貸と違うのは、

固定資産税や住居設備更新は

自分負担であること。

上記例程度のマイホームなら

毎月返済+2万円程は経費として

見ておいた方が良い。

 

ただ実際の生活は毎月返済だけで

ギリギリではないだろうか?

年収が増えない限り貯蓄は困難。

大体の人が、車購入・大学費用・外壁塗装の

必要性が出たところで、別の借入をする。

 

年収6倍の借入でも精一杯。

これ以上の借入はオススメしない。

 

年収6倍では厳しい!

マイホームを検討していた人は、

ガッカリしたことだろう。

 

なんせ田舎でも土地購入から

新築するなら3,500万円は欲しい。

年収583万円あればよいが、

結構ハードルが高いのではないか?

※地銀勤務のため話が田舎前提で申し訳ないw

 

それか格安の新築建売を買うか?

これなら田舎で2,500万円もあれば戸建が買える。

 

またはマンションかな?

この場合は修繕積立金・管理費も考慮しておこう。

 

ドンドン選択肢が狭ばり

夢のマイホームが遠ざかっていく!

 

貯蓄をしよう!!

マイホームは妥協したくない!

でも返済で困りたくない!

そんな人は若い内から貯蓄をしよう。

 

夫婦で毎年100万円を捻出。

月8万円程の積立(ちょっと辛いか?w)

そんな生活を5年間で500万円。

何とかダブルインカムで頑張って欲しい。

 

これを頭金で入れれば、

年収500万円の人でも、

田舎で土地から新築3,500万円行ける!

 

賃貸でもいいじゃないか??

そもそも論で申し訳ないが、

賃貸でもいいのではないか?を考える。

 

一度住宅ローンを組んでしまうと、

自分の一生を捧げて返済する訳だから、

そこから動けなくなる。

 

もし自分が転職・転勤・その他事情で、

その場所に居られなくなる可能性があるなら、

マイホーム購入は見送った方がいいと思う。

 

それでも欲しい場合は、

なるべく売却・賃貸しやすい物件・場所を選ぶこと。

リスクを軽減できる。

 

最後に

この頃、私の住宅ローン顧客は、

年収8〜9倍で借入してしまうケースが多い。

上記の計算通り、年収6倍を超える借入は危険だ。

 

ただ銀行の審査は通ってしまうので、

こちらとしても顧客希望ならば貸してしまう。

勿論、借り過ぎリスクを説明はするが、

夢のマイホーム目前で金銭感覚が

狂っている人を諭すのは大変だ。

多分、この傾向は全国でも同様だろう。

 

私は近い未来、住宅ローン返済出来ない人が

多数出てくると思う。

そう!住宅ローン難民の時代が到来する!

 

ようやく手に入れた夢のマイホームが、

まさか自分の首を締めることになろうとは!

そんな難民が増えないように願うばかりである。

 

ここで金言を一つ

「ご利用はご計画的に・・・」

非常に深みのある言葉で好きだw

ではでは ノシ